【閲覧注意】悦びのために少年を誘拐&拷問&惨殺&切り刻みまくった「ウッドフォードの通り魔」ジョン・ジュベール!!


【閲覧注意】悦びのために少年を誘拐&拷問&惨殺&切り刻みまくった「ウッドフォードの通り魔」ジョン・ジュベール!!の画像1画像は、「Suzuki’s Thoughts」より

 ジョン・ジョセフ・ジュベールは「ウッドフォードの通り魔」として悪名高いシリアルキラーである。1980年代に米メイン州とネブラスカ州で3人の少年を殺害し、逮捕後にこれらの事件で有罪判決を受け、1996年7月17日にネブラスカ州で死刑が執行された。

■拷問・カニバリズム・大量殺人を好む邪悪なモンスター

 ジュベールは1963年7月2日、マサチューセッツ州ローレンスの町で労働者階級の家庭に生まれた。両親の離婚によって母親とともにメイン州ポートランドに移り住み、父親との関係は一切断ち切られた。

 ジョベールは幼い頃から才能のある賢い子供で、IQは123だったという。3歳までに本を読み、5歳で公共図書館を訪れた。後にボーイスカウトに参加し、卓越した成績を残して、多くのメダルを獲得し、イーグルスカウト(ボーイスカウトの最高位)になった。仲間のスカウトにも親しく接し、ボーイスカウトを支援するために自分の時間を多く費やした。

 知的で魅力的なジョベールだったが、その本性は拷問やカニバリズム、大量殺人などを好むサディスティックで邪悪なモンスターだった。特に幼い子供に苦痛を与えることに悦びを見出していて、幼い頃からその兆候を示し始めた。

 6歳のとき、自分のベビーシッターだった10代少女を刺したり、拷問したり、食べたりすることを妄想していた。8歳になると、見ず知らずの人を誘拐して拷問したり殺害したりする妄想に耽った。

【閲覧注意】悦びのために少年を誘拐&拷問&惨殺&切り刻みまくった「ウッドフォードの通り魔」ジョン・ジュベール!!の画像2画像は、「Suzuki’s Thoughts」より

 小学校入学後、ジョベールの妄想が現実へと変わった。ジュベールは学校で幼い子供たちをいじめた。しかし、魅力的な外面と人の心を操る技術を駆使して、いじめの発覚を防いでいた。

 13歳のとき、ジョベールは先のとがった鉛筆で9歳の女子を刺した。少女が痛みで叫んだとき、ジュベールは性的に興奮した。翌日、自転車で通り過ぎた別の女子をかみそりの刃で切りつけ、少女が痛みで悲鳴を上げたとき、ジュベールは再び性的に興奮した。

 ジョベールは10代の間、子供に対するサディスティックな行動を繰り返した。16歳のときには、8歳の男子2人を殴りつけ、窒息させ、金品を奪い取った。そして1982年、ジュベールは最初の殺人に手を染めた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?