青木源太アナ、知られざる「退社」までの道のりがヤバい! ウザいくらいのアピールで…

関連キーワード:

,

,

青木源太アナ、知られざる「退社」までの道のりがヤバい! ウザいくらいのアピールで…の画像1
画像は、日テレHPより引用

 日本テレビの青木源太アナウンサーが9月末をもって退社、フリー に転身することを発表した。青木アナはかねてから大のジャニーズファンを公言しており、それによって人気を得たのだが、 局内では以前から”ビジネスジャニオタ”とずっと言われている。

 好きな男性アナウンサーランキングで2018年、19年と続けて2位にランクインするなど、近年人気を伸ばしてきた青木アナが、ついにフリー転身計画を実行に移した。「もともとフリーになることを目標にしており、様々な芸能事務所とも繋がっていた。よく言えばおカネにしっかりしたタイプで、往時より下がった日テレの給料には不満を抱いていた。ずっとフリーになることを目指しており、色んなところに相談していた」(日テレ関係者)

 だからこそ特に芸能界で力を持ってそうな人には礼儀を尽くして接し、食い込もうと努力してきた。そんな処世術に長けた青木アナが フリーになるために、ある意味で利用したのがジャニーズだ。男性 ながら子供の頃から大ファンだったと積極的に発信。そのおかげで 自然とジャニーズとの仕事は増え、結果的にジャニオタをも自分の ファンにしてみせた。

「例えばジャニーズ相手のインタビューなどがあると、青木は真っ 先に手を挙げる。他のアナウンサーに決まったら、不機嫌になると いう話も。アナウンサーになった今もファンの気持ちを忘れていな いという一方で、 ジャニーズ利権は渡さないという強い決意も感じ取れた」(前出関 係者)

 青木アナ=ジャニーズとブランディングすることは、フリーになっても大きく役立つことは確実だ。ジャニーズは芸能界で巨大帝国を 築いており、そこに寵愛されているとなれば、フリーになっても仕 事が絶えることはない。しかも青木アナは、女性ファンから嫉妬さ れない男性という強みも持っており、ジャニーズとしても仕事を振りやすいのだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ