伊勢谷友介は“キメセクDV男”だった!? 首絞めで気絶者も…大麻逮捕よりヤバかった性事情!

関連キーワード:

,

,

伊勢谷友介はキメセクDV男だった!? 首絞めで気絶者も…大麻逮捕よりヤバかった性事情!の画像1
画像は、YouTubeより引用

 人気俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が8日、東京・目黒区の自宅で乾燥大麻を所持していた大麻取締法違反容疑で警視庁組織犯罪対策5課に現行犯逮捕された。

 逮捕容疑は8日午後4時40分ごろ、目黒区の自宅で、4袋のうちの1袋(約7.8グラム)を所持した疑い。リビングの机の引き出しに乾燥大麻が入ったチャック付きのビニール袋4袋と、机の上にタバコの巻紙のような吸引具が複数あった。乾燥大麻は逮捕時に所持していた7.8グラムを含め、合わせて20.3グラム。関係者によると「特段隠すわけでもなく、部屋に普通に置かれていた」という。大麻の使用についても、灰皿に燃えカスのようなものがあったことから捜査を続ける。

 伊勢谷容疑者と言えば、モデル、俳優、実業家と様々な〝顔〟を持つ。同容疑者を知る人物は「スマートでクレバー。もともとは大手芸能プロにいたが『自分のやりたいことができない』という理由で、飛び出した。普通ならそこで干されそうなものだが、彼は自らスポンサー探しに奔走し、実際に多くの支援者を獲得することに成功した。生来の人たらしで、社長のフトコロに入るのが抜群にうまい」と話す。

 一方で危うさも兼ね備えていた。一部週刊誌では交際相手へのDV疑惑が報じられたこともある。「交際女性をマトにしてエアガンを連射するという内容でした。実際、彼は都内のエアガンショップの常連。被害に遭った女性はいずれもグラドルなどで、青あざが消えず、仕事に支障をきたした子もいました」とはスポーツ紙記者。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ