伊勢谷友介、沢尻エリカと「共通の売人グループ」と接触? ミュージシャンXや元アイドルが芋ずる逮捕か?

伊勢谷友介、沢尻エリカと「共通の売人グループ」と接触? ミュージシャンXや元アイドルが芋ずる逮捕か?の画像1
画像は「YouTube」より引用


 俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が、警視庁に大麻取締法違反の疑いで逮捕された。警察が8日に自宅を家宅捜索したところリビングの机の上から吸引用の大量の巻き紙、引き出しから乾燥大麻4袋(約20グラム)が発見された。

 伊勢谷は交友関係などから、もともと芸能界隈では以前より『薬物汚染がウワサされている人物』として必ず名前が挙がっていた。逮捕のきっかけとなった薬物の入手先について、全国紙記者はこう証言する。

「伊勢谷の逮捕は別件で捕まった売人グループの供述が発端になったようです。警視庁が自宅が踏み込んだのは、そこから相当確度の高い情報を得ていたからですよ。その売人グループは大麻の他、合成麻薬MDMAやコカインも扱っているんですよ。芸能界にも顔が利いていたようで、薬物ネットワークを形成していました。一部報道にあるように、昨年逮捕されたモデルの長嶺シャノンもそのコミュニティの一員で、伊勢谷も芋づる逮捕の一端です」(全国紙記者)

 さらに驚くことに、この売人グループはあの女優とも関わりがあったというのだ。


「実はこの薬物ネットワークは昨年11月に捕まった沢尻エリカと密接にリンクしています。沢尻は元カレのファッションデザイナー横川直樹容疑者から譲り受けて使用していましたが、この横川とつながっていた売人グループが伊勢谷にも違法物を売っていたというのです。そういった経緯から、沢尻も伊勢谷も警視庁組織犯罪対策5課が動いて逮捕に至りました。このコミュニティには、まだミュージシャンXや元アイドルYなど有名人が系列上にいるといいますから、長い時間をかけた地道な捜査で、さらなる芋づる逮捕がありえるかもしれません。芸能界にはびこっていた違法薬物禍が徐々に明るみになってきているといえますよ」(前出記者)

 供述や携帯電話の履歴を洗い内偵を繰り返し、年単位の捜査をしているという警視庁組織犯罪対策5課。まだ手元に違法物を持ち、使っている芸能人を調べ、捜査の手を伸ばしている。次に捕まる芸能人は果たして誰なのか……。

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ