【未解決事件】9月14日は「住友銀行名古屋支店長射殺事件」が発生した日! 殺害を供述も証言内容が不一致…真犯人不明のまま時効成立

画像は「getty images」より

 1994年9月14日は、住友銀行(現・三井住友銀行)の名古屋支店長・畑中和文(当時54歳)が何者かに自室前で射殺された「住友銀行名古屋支店長射殺事件」が起こった日である。

 その後、同銀行に融資を求めていた近藤忠雄(当時73歳)が殺害を供述。

 所持していた弾丸の線条痕が事件のものと一致したため同年11月に逮捕となった。

 しかし、証言内容が一致せず身代わりである可能性が高いとされ、近藤は銃刀法違反で懲役7年の判決を受けた。

 2009年9月14日、真犯人はわからぬまま事件は時効を迎えた。

 

<9月14日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ