SNSをやめるように事務所から言われている人気芸能人3人を暴露! 全発言が炎上、毒舌がひどい…

SNSをやめるように事務所から言われている人気芸能人3人を暴露! 全発言が炎上、毒舌がひどい…の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 ひと昔前まで芸能人の情報発信ツールと言えばブログが主流だったが、今はSNSがメインになっている。しかし、推敲した文章を公開するブログとは異なり、友人にメールを送るような感覚で書けるのがSNSの魅力でもある。だからこそ発信力のある芸能人がまずいことを書けば即座に炎上を迎える。そのために、管理する事務所としてはSNSをやめてほしいと考えるケースも多いようだ。

 今回は今まさに事務所が迷惑を被っており、SNSをやめさせたいと言われている芸能人の名前を聞き出した。

「最近、SNSを使って自由きままに意見を発信して、その全てが炎上している人と言えばラサール石井さんですよね。芸能人の場合には、SNSが炎上すると所属事務所にもクレームがいくので、事務所としてはこれ以上は耐えられないわけです。さらに番組関係者もスポンサーに苦情がいくのが怖いので、今のラサールさんは誰も使いたくないですよ。もちろん思想信条は自由なんですけど、身近な人にとっては面倒な存在ですよ」(テレビ局関係者)

 たしかにこれだけ叩かれまくる発言を繰り返せば仕事をしたいと考える人間も少ないはずだ。事務所としても黙らせたいだろう。

 そして、2人は意外な名前が出てきた。

ブラックマヨネーズの吉田敬さんは事務所から止められつつあると思いますよ」(放送作家)

 炎上しているイメージはあまりないが何故なのか。

「SNS上でほかのタレントさんの名前をよく出すんです。それが吉本興業以外のタレントさんのこともあって、当人同士は問題なくても事務所同士の間では問題になっていることがあるんです。イジリの範囲なんですが、毒舌を吐くことで、ほかの事務所に迷惑をかけていることが結構あって、このまま放置すれば大事になりそうなので止められつつありますね」(同)

 問題が表面化しているわけではないようだが、その可能性があるからこそ事務所としても不安を抱えているようだ。

 最後はやはりというような名前が出てきた。

「SNSで燃えまくっている加藤紗里さんでしょうね。炎上件数がここまで多いということは、マネージメント側は相当な苦労をしているはずです。SNSがお金になっている芸能人なんて僅かですし、お金になっていても年間数十万円です。それを考えればやめてほしくて仕方ないはずですよ」(芸能プロ関係者)

 たしかにクレーム処理などの労力の割に十数万円では報われないだろう。

 このようなメンツが事務所からSNSをやめてほしいと考えられているようだが、勝手な推測で言えば今後もやめそうにない。事務所の苦労は続いていくのかもしれない。

文=吉沢ひかる

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ