伊勢谷友介の薬物報道の誤りを元売人が指摘! 「間違った報道が多いので意見を言わせてほしい」

関連キーワード:

,

,

,

,

伊勢谷友介の薬物報道の誤りを元売人が指摘! 「間違った報道が多いので意見を言わせてほしい」の画像1

 9月8日に、警視庁組織犯罪対策五課に大麻取締法違反の疑いで逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者(44)に関して、芸能界へ過去違法薬物を供給していた人間が取材に答えた。

 逮捕にいたるまでの経緯はトカナで報じた通りだが、今後注目されるのは芸能界の芋づる式逮捕と入手経路だ。「伊勢谷友介は入手経路の自供をしても、一部の名前しか明かさないだろう」と予想するのは、かつて芸能界に違法薬物を供給していたA氏だ。

 A氏は芸能界を含めた人間に大麻などを売り、大麻取締法で逮捕・起訴され服役し、最近刑務所から出所したばかり。それゆえ、今現在は違法薬物の売買はしていないが、周辺情報には非常に詳しいので話を聞いた。

「伊勢谷友介容疑者の逮捕には驚きはありませんでした。ただその後のニュースに間違った報道が多いので意見を言わせてほしい」と、前置きした上で「伊勢谷友介容疑者のルートは大体想像がついています。そのひとつのルートは危ないと数年前から言われていました」と、語る。

 また、伊勢谷友介容疑者の入手ルートは複数あったのではないか、と持論を語った。

「芸能人にすり寄る売人は多くいます。また、顧客からの紹介で売った先が芸能人だったというケースもあります。伊勢谷友介容疑者の場合、渋谷のクラブルートは噂されていましたが、もうひとつの方は絶対に口は割らないはずです」と、語った。

 その理由については、伊勢谷友介容疑者自身の今後が危ないから、と詳細は語らなかったが、相当危険な入手ルートなのであろう。

「色々なニュースで伊勢谷友介容疑者が、金欠で大麻を安く買おうとしていたとのニュースがありましたが、これは僕の体験と周辺から聞いた話と全く違います」と、語った。

 確かに、ジャンキーは大麻などより安く品物を求めるのではなく、いい品物の大麻を求めるはずだ。いい大麻とはTHC(テトラヒドロカンビナノール)が多く含まれる大麻であり、ジャンキーになれば余計にいい大麻を求めることは間違いない事実だ。

「芸能人は僕が売人をやっているときは、本当にいいお客さんでした。当然値段を値切る人よりも質のいい大麻を求める人ばかりです。芸能人は違法薬物をやっている人間が多いですが、誰も安くしろとは言いません」と、語り、伊勢谷友介容疑者の周辺は相当に焦っていると証言する。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ