【閲覧注意】母親に叱り飛ばされた直後に14歳少年が飛び降り自殺!! 親の行き過ぎた叱責がもたらした悲劇=中国

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】母親に叱り飛ばされた直後に14歳少年が飛び降り自殺!! 親の行き過ぎた叱責がもたらした悲劇=中国の画像1画像は、「Kaotic.com」より

 岩手県一関市で今月17日、会社員の男(25)が自宅で2歳の息子の額を肘打ちしたとして逮捕された。肘打ちの様子が映った動画を男の妻が配信サイトにアップしたことから事件が発覚。それを視聴した人が警察や児童相談所に通報した。男は、その後配信した別の動画で、いつまでも寝ない息子に対して感情的になってしまったことを謝罪。息子に怪我はなかった。

 この男が行ったような体罰は、現在の日本で犯罪とされている。一方、親から子への暴力を根絶するには至っていない。というのも、親はあくまでも“しつけ”の一環として子に暴力を振るい、そこには“愛情”があると信じている場合も多いからだ。このことが時として悲劇へと発展する。中国で実際に起こった悲しい事件を中国メディア「捜狐」から紹介しよう。

 湖北省武漢市にある中学校で今月17日、9年生の男子生徒(14)が校舎の5階から飛び降りて死亡した。生徒は教室で他のクラスメート2人とポーカーをして遊んでいたところを見つかり、校長によって母親が呼び出された。学校を訪れた母親の行動と、生徒が飛び降りる決定的瞬間をとらえた監視カメラの映像がSNSなどで拡散されて話題となっている。

 母親は、廊下に立っている息子の頬を引っぱたき、他の生徒たちが見ている前で叱っている。教師と思われる女性が止めに入るが、母親の怒りは収まらず、息子をにらみつけてガミガミ言っているようだ。息子はその場に立ち尽くすばかりだった。母親がその場を去った後も息子は動かないままだが、ふと手すりにのぼったかと思うと、次の瞬間、飛び降りてしまった。他の生徒や教師らは慌てて階下を覗き込むが手遅れだった。

 捜狐などのメディアをはじめ、ネット上では母親の行動や学校の対応に対する批判が噴出した。多くのクラスメートが見ている前で息子を叱り飛ばした母親の行動は不適切だった、母親は愛情を勘違いしている、そもそも学校でポーカーをすることはそれほど重大な問題ではない、等の意見がみられる。

 このように各国で親から子への暴力は社会問題となっている。子を持つ親には、子供の“しつけ”はどうすべきか、“愛情”があれば子供に何をしても許されるのかといった普遍的な問題について、改めて考えてもらいたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?