10月3日は人気歌手ウディー・ガスリーが死亡した日! 「ファシストを殺す」アメリカ・フォークの父を襲った悲劇とは

10月3日は人気歌手ウディー・ガスリーが死亡した日! 「ファシストを殺す」アメリカ・フォークの父を襲った悲劇とはの画像1
(写真は『ニューヨーク・ワールド・テレグラム・アンド・ザ・サン』紙カメラマン Al Aumuller撮影。Wikipedia Woody Guthrieより使用。Public Domain)

『“このマシンがファシストを殺す”と書いたステッカーを貼ったギターを持つ1943年のウディー・ガスリー』

 1967年10月3日は、1950年代のアメリカで活躍したフォーク歌手のウディー・ガスリーが死亡した日である。


 1920年代の世界恐慌時代に放浪を続けながら歌い始めたガスリーは、反体制的なフォークシンガーとして絶大な人気を集め、多くのプロテストソングを歌い続け、その生涯で“アメリカ・フォークの父”と呼ばれる功績を残した人物として知られるガスリー。


 私生活では幼い娘を火事で失って以来鬱病に悩まされたことが、生来わずらっていたハンチントン病とともにガスリーの人生に深い影を落とした。


 最後もニューヨーク・クイーンズの精神病棟で死ぬこととなったガスリー。


 しかし、この写真のギターに貼られた“この機械がファシストを殺す”に象徴される攻撃的な姿勢は、後のボブ・ディラン、そして息子のフォークシンガー、アーロ・ガスリー等の後進に受け継がれ、その魂は現代にも生き続けている。


 果たして、“アメリカ・ファースト”に翻弄され続ける現在のアメリカで、ガスリーは何を歌うのだろうか?

 

<10月3日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

10月3日は人気歌手ウディー・ガスリーが死亡した日! 「ファシストを殺す」アメリカ・フォークの父を襲った悲劇とはのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル