10月26日は伊藤博文と朴正煕が暗殺された日! 日韓の歴史を決定づけた政治的分岐点…

(写真はWikipedia 伊藤博文・朴正煕より使用。Public Domain)

『1963年の朴正煕と1903年の伊藤博文(右)』

 10月26日は日本初の内閣総理大臣にして初代韓国府統監の伊藤博文がハルピンで暗殺された日であり、第5代韓国大統領であった朴正煕が暗殺された日である。


 両者が死亡した日の間にはちょうど70年もの歳月が流れているが、伊藤は4期、朴は5期と、両者ともに歴代最長規模の施政を行なった政治指導者であり、韓国の地で銃弾に倒れたということも共通している。


 まず1909年の10月26日に、初代韓国統監を2カ月前に辞任した伊藤が、ロシアの蔵相ウラジーミル・ココツェフと会談するために訪れたハルビン駅で、韓国の民族運動家・安重根に銃殺された。


 そしてそれから70年後の同日、ソウル市内のKCIA(大韓民国中央情報部)施設内で秘密裏の宴会を行なっていた朴がKCIA部長であり側近であった金載圭によって、これまた側近であった車智澈とともに射殺された。


 無論この二つの暗殺事件に因果関係は見つかってなどいないが、ともにその後の両国の歴史を決定づけた政治的分岐点であり、日韓両国にとって《暗殺》といえば、今日10月26日を指すといっても過言ではないだろう。

 

<10月26日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

10月26日は伊藤博文と朴正煕が暗殺された日! 日韓の歴史を決定づけた政治的分岐点…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで