AVの「モザイク破壊」はどんな巨大企業が製造しているのか? 仮想通貨業界との知られざる関係とは!?

関連キーワード:

,

,

――嘘かホントかわからない!? 某事情通が語る裏話!

TecoGANをダウンロードしてやってみたんですけどね」

 と目の前で話すのは、映像制作会社の経営者。話題のAIによる「AVモザイク破壊アプリ」の性能を実際に自分の会社の機器で試したそうだ。

「業務用のハイエンドマシンでまなちゃんのシーンの静止画像のモザイクを破壊してみたんだけど、とにかく計算に時間がかかるみたいで。結局二昼夜そのままにしておいて、三日目の朝に出社してみたらそこでようやくモザイクが消えていた」

 最近流行中の「モザイク破壊」は、モザイクを除去するわけではなく、モザイクの向こう側にあるはずの画像を、AIが過去の学習をもとに想像して再現するものである。

画像は「Getty Images」より引用


 AIは正解を見ながら学習する。日本で発売しているAVには、いくつかのメーカーで流出ものが存在している。膨大な数の販売パッケージと流出もののAVを学習していくことで、AIはモザイクの向こうで何が行われているのかを学習する。こうして2年も学習させて完成したのが「TecoGAN」というAIだ。

「つまりTecoGANはすごく頭がいいせいで、映像加工をする業務用のハイエンドマシンのコンピューターパワーでも性能が足りないということだったんだ」

 と、残念そうに冒頭の経営者はためいきを漏らした。自分の会社ではこのビジネスに手が回らないことがわかったからだ。

 実際、頭のいいAIはものすごいコンピューターパワーを使う。囲碁の世界チャンピオンを破ったアルファ碁もメインの機械は部屋に入らないほどだし、グーグルの完全自動運転AIのウェイモの本体もバカでかい。

「でもわからないのは、市販されているAVのモザイク破壊AIって、いったいどんな巨大企業が製造しているんだろうってこと」

 と当の経営者氏は首をかしげる。

 実はこのとき、私の頭の中では、まったく違う経路で目撃したある情報がつながった。「聞いたことがある、この話」という感じでだ。

 昨年の12月、まだ封鎖される前の中国内陸部のある地方都市のビルの中で、NVIDIAの最高性能のGPUユニットが組み込まれた大量のハイエンドパソコンがびっしりと詰め込まれている様子を見せていただいた。日本のITベンチャーのエンジニアが出張の途中で「おもしろいものが見れそうだから」と連れていってくれた、アンダーグラウンド中国企業の仮想通貨のマイニング工場だった。

 内陸部のその都市は、雪は降らないが冬の平均気温はマイナスという人が住むには厳しい土地だが、稼働する大量のコンピューターを冷却するのにはとても向いている。ゴビ砂漠に建築された中国内陸部の太陽光発電所からも近いため、電力がとにかく安い。

画像は「Getty Images」より引用

 その利点を活かす目的で仮想通貨のマイニングを始めたのだが、やがてビジネスが傾きはじめた。大資本がマイニングに参入してきたことで、この企業は比較劣位に陥ったのだ。

 仮想通貨のマイニング収入は、最初にブロックチェーンの計算を終えた事業者に仮想通貨が発行される方式だ。だからどの業者もコンピューターパワーへの莫大な投資を行う。「ナンバーワンになれなければ儲けが出せない」という厳しい裏稼業なのである。

 そして、私の訪問した工場はナンバーワンになれなかった夢の跡のような場所だった。昨年の前半まではそうだった。それが何やら“オンリーワンな新しいビジネス”を発見したということで、その道に詳しい日本のエンジニアを呼び、追加設備投資を話し合っていたのである。

 そこに呼ばれたエンジニア氏は、「契約書にサインしちゃったんで中身はまだ言えないんですけど、確かにこの分野は今話題になっているし、なによりも市場がでかい。これくらいの規模の工場で生産でようやく月に数本しか作れない。だから逆に投資回収が期待できるビジネスです」と教えてくれた。

 その時はいったい何を生産しようとしているのかわからなかったが、何かとても大きな秘密を目撃したようで興奮した記憶がある。それが日本に戻って映像制作会社の経営者と話をしているうちに、パズルのピースがぴったりとはまったというわけだ。

「そもそも生産本数が多ければ市場価格が崩れて逆に儲からなくなってしまいます。オンリーワンな作品が待ちわびて待ちわびてようやく発売されるぐらいのペースのほうが消費者にもビジネスにも最適なんですよ」

 件のエンジニア氏が老酒を口にしながら言っていたそんな言葉が、頭の中でリプレイされた。

文=ホラッチェ

ホラッチェ

フューチャリスト。近未来の経済分析が得意。ただしその分析の大半はホラだと周囲に思われている。

ホラッチェの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

AVの「モザイク破壊」はどんな巨大企業が製造しているのか? 仮想通貨業界との知られざる関係とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル