ネアンデルタールの呪い!? 「ネアンデルタール人由来の遺伝子」が新型コロナウイルス感染症重症化リスクの一つか、喫煙や鬱も

 未だ世界を混乱させている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。その重症化リスクに、現代人に受け継がれたネアンデルタール人の遺伝子が関連しているという論文が、学術誌「Nature」(9月30日付)に掲載された。

The major genetic risk factor for severe COVID-19 is inherited from Neanderthals (Nature)

画像は「The Guardian」より引用

 COVID-19の重症化には年齢や持病の有無、喫煙、肥満、そして遺伝的要因など、実に様々な要素が関わっており、医師や科学者らがその特定に努めている。そんな中、3番染色体に重症化するリスクを3倍上げる13個の遺伝子多様体(バリアント)が発見されたのだが、なんとこれらのバリアントは、約6万年前にネアンデルタール人との交配によって伝えられたものだというのだ。

 バリアントは3番染色体のうちの49,400塩基対にまたがる非常に長い領域に存在し、13個のうち一つでも重症化しやすいバリアントを持っていた場合、残る12個を持っている可能性が非常に高いという。過去の研究により、この領域がネアンデルタール人やデニソワ人に由来する可能性が高いことが示された。そこで分析を行った結果、南欧クロアチアで発見されたネアンデルタール人のゲノムに、非常によく似た領域が発見されたのである。

 論文著者の一人である沖縄科学技術大学院大学のスバンテ・ペーボ教授は、「ネアンデルタール人から受け継いだ遺伝的遺産が、現在のパンデミックの中でこのような悲劇的な結果をもたらしていることは衝撃的です」と語る。このバリアントを持っていたのはクロアチアのネアンデルタール人だけで、シベリア南部で発見されたネアンデルタール人やデニソワ人には見当たらなかったそうだ。ペーポ氏らの解析によると、この領域は約6万年前、クロアチアのネアンデルタール人の血縁者が現生人類の祖先と交配し、現代人にまで受け継がれた可能性が高いということだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ