【閲覧注意】麻薬カルテルの男が“生きたまま焼かれる”処刑映像流出! 「新たなエル・チャポ」の報復は必至、全面戦争へ!?=メキシコ

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】麻薬カルテルの男が生きたまま焼かれる処刑映像流出! 「新たなエル・チャポ」の報復は必至、全面戦争へ!?=メキシコの画像1画像は、「kaotic.com」より

 メキシコ・ソノラ州カボルカで先月、麻薬カルテル「デルタグループ」の男性メンバーが生きたまま燃やされ、その様子を撮影した動画がネット上で拡散された。この事件を主導したのは、デルタグループと敵対する麻薬カルテル「ラ・バレドラ」である。ラ・バレドラはゲレーロ州アカプルコとその周辺地域を拠点とし、国内最大の麻薬カルテル「シナロア・カルテル」との関係を維持しつつ、敵対する他の麻薬カルテルと抗争を繰り広げている。

 男性が燃やされる動画は海外の過激動画共有サイト「kaotic.com」で視聴することができる。ラ・バレドラのメンバーに囲まれた男性は、銃を突きつけられ、自らの行為を自白させられた。それによると、彼は他の2人と共謀して、警官、赤十字のメンバー、そしてラ・バレドラのメンバーだったガヘル・ガステルム・アルバレスを殺害したという。車の売買をめぐるトラブルから殺人事件に発展したそうだ。画面が切り替わり、炎に包まれた男性の姿が映し出された。男性は地面をのたうち回るが、炎の勢いは衰えず、彼の全身を焼き尽くそうとしている。皮膚や肉が焦げて煙が立ち上る中、死に切れない男性はいつまでも燃え続けるのだった。

 デルタグループは現在、「新たなエル・チャポ」と呼ばれるフアン・カルロス・ゴンザレスによって運営されており、近年勢力を拡大している麻薬カルテル「ハリスコ新世代カルテル(CJNG)」の精鋭部隊の1つとみられている。ゴンザレスとその部下たちは、他の麻薬カルテルのメンバーの遺体を橋からぶら下げたり、生きたまま火をつけたりするといった残虐な戦術を駆使する。また、ロケット推進の手榴弾を使用して軍用ヘリコプターを撃墜し、州当局のメンバー数十人を殺害するといった実績も残してきた。そのため、健康状態が悪化しているとされるCJNGのリーダー「エルメンチョ」は、リーダーの地位をゴンザレスに引き継ぐよう指示したとされる。

 デルタグループのメンバーが殺害されたことで、麻薬カルテル間の抗争はさらに激化する可能性がある。血で血を洗う麻薬戦争はいつになったら終結するのだろうか。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?