小銭稼ぎをしない芸能人を業界人が暴露! SNSの企業タイアップやPRも無視

小銭稼ぎをしない芸能人を業界人が暴露! SNSの企業タイアップやPRも無視の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 芸能人のSNSやブログに宣伝も含めた文章が書かれていることは、今や多くの人が知っている。ステマとも言われるが、あたかも自発的に利用したように見せかけ、実際には企業からの依頼を受けて公開している文章や画像だ。場合によっては1投稿で100万円を超える収入があるともいわれ、そのおいしさ故に手を出す芸能人が後を絶たないという。しかし、頑なにそれを拒否している芸能人もいるという。

「今や自分のTwitterで1回呟くだけで50万円や100万円が貰えるPR案件がゴロゴロあって、芸能人の中にはこれで食いつないでいる人も山ほどいます。でも、松本人志さんは依頼が殺到しているものの、そこには乗っからないですね」(芸能プロマネージャー)

 あれだけのフォロワー数を誇れば依頼が殺到して当然だが、本人は全てお断りだという。

「松本さんレベルになると1つの案件が500万円から1000万円ほどなので、テレギャラと比較してもそこまで悪い金額じゃないんですが、SNSでお金をもらうことで自由に書けなくなるのが嫌みたいですね。さらに言えば、このくらいのお金ならレギュラー番組から毎週もらっているので、これ以上は必要ないってことだと思います」(同)

 確かに企業PRが入りだして自由きままに書き込めないのは嫌なのだろう。

 2人目は少々意外な名前が挙がった。

宮迫博之さんじゃないでしょうか。意外に思われるかもしれませんが、それまでの年収が億単位ですから、謹慎生活になった今もお金には困っていないんです。YouTubeなどにも手を出していますが、最終的にはテレビに戻りたいという確固たる意志があるので、今は色を付けられたくないみたいで、商品や企業寄りの内容は避けているようです」(テレビ番組スタッフ)

 お金に困っているかと思いきや、それまでの蓄えでまだまだ生活は維持できるようだ。

 そして最後は宮迫と同じくYouTuberデビューしているあの大物芸人だ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ