横浜流星は公称“174cm”もないと判明!? あの女優やイケメン男性も…身長詐欺疑惑の芸能人たち

横浜流星は公称174cmもないと判明!? あの女優やイケメン男性も…身長詐欺疑惑の芸能人たちの画像1
画像は、「観月ありさ公式Instagram」より

イケメン俳優としてノリに乗っている横浜流星に、身長サバ読み疑惑が持ち上がっている。きっかけは、先日最終回を迎えた主演ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)だ。


謎が謎を呼ぶシリアスな展開のドラマだったが、横浜流星演じる椿とその母親・今日子を演じる観月ありさが並ぶと、妙な違和感があった。公称170cmの観月ありさと公称174cmの横浜が、なぜかほとんど同じに見えたのだ。それを危惧してか、物語が進むに連れて2人が並ぶシーンは減少。上からや、遠近法を駆使した不自然なカメラワークが増えていった。また、公称176cmの和田聰宏と並んだ際もたった2cmとは思えないほどの開きがあった。


横浜の身長サバ読み疑惑が生じたのは、今回が初めてではない。昨年放送された大ヒットドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)でも、公称178cmの田中圭と比べて大きく見劣りしており、作品に出るたびに横浜は他の俳優と身長を比べられている。ネット上では「なんなら観月ありさの方が大きい」「いいとこ171、2だろうね」「別にサバ読んでても構いませんけど!?」「小顔だからスタイルめちゃくちゃよく見える」など様々な声が上がっている。


芸能界での身長サバ読みは、よくあること。当然、本人の意志だけではなく、事務所が絡んだ戦略の一つと言える。今回は、疑惑の上がっている芸能人を紹介したい。


■木村拓哉、中居正広

横浜流星は公称174cmもないと判明!? あの女優やイケメン男性も…身長詐欺疑惑の芸能人たちの画像2
画像は、「木村拓哉公式Instagram」より


以前から根強いサバ読み疑惑が上がっているのは、俳優の木村拓哉だ。公称は176cmなのだが、これまでに共演した女優や俳優と比べると170cm前後だと予想される。過去のドラマでは、木村を大きく見せるために身長の低い俳優がキャスティングされているなどと噂されていたが、最近では斎藤工や沢村一樹など、180cmを超える俳優との共演も増えている。もしかしたら、最初に設定した身長に引っ込みがつかなくなっただけで、木村自身も身長へのこだわりが無くなっているのかもしれない。ちなみに、SMAPとして一緒に活動していた中居正広が、実際は170cmなのに対して公称165cmと逆サバを読んでいたのを告白しているが、これは木村を引き立てるためと見る声が多い。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ