【閲覧注意】薬物中毒者の“本気でエグい”戦慄ビフォーアフター4選! 制御不能の半死状態… 「地獄に堕ちた」人間の表情とは!?

 薬物中毒から立ち直った数十人が、自らが中毒を克服するまでの、悲惨でありながらも希望に満ちた記録をオンラインサポートコミュニティで公開している。コミュニティを運営する元ヘロイン中毒者のケビン・オルターさん(31)は、29回のリハビリを経験し、20代からの約12年間をホームレスとして過ごした。そんな彼のブログとSNSは、困っている人に情報を提供し、薬物中毒から立ち直った人が他の人に刺激を与える場でもある。Facebookグループでは、依存症を克服した人たちが体験談を語り、ビフォーアフターの写真を紹介する。

■ケビン・オルター

【閲覧注意】薬物中毒者の本気でエグい戦慄ビフォーアフター4選! 制御不能の半死状態… 「地獄に堕ちた」人間の表情とは!?の画像1画像は、「Internewscast」より
【閲覧注意】薬物中毒者の本気でエグい戦慄ビフォーアフター4選! 制御不能の半死状態… 「地獄に堕ちた」人間の表情とは!?の画像2画像は、「Internewscast」より

 米ニューヨーク州ロングアイランドに住むケビンさんは、17歳のときに初めて友人とともにコカインに手を出し、すぐに夢中になった。大学生になってからはヘロインにのめり込み、回復して仕事に就くまで、何もかもがコントロール不能な状態となった。当時を振り返って「私は20代の全てを注射器とヘロインの袋で失いました」と語るほどである。

 しかし、善意の人のサポートによってケビンさんは治療を受ける機会を得て、ヘロインへの依存から抜け出すことができた。リハビリの過程で、低い自尊心のせいで麻薬に溺れたことと理解し、冷静に自分を愛する方法を学び始めた。現在は、自らの経験を踏まえて同じような境遇の人たちを助けたいと思い、全米の学校で講演を行う一方で、薬物中毒者を支援するコミュニティを開設した。

■アンバー・ホフマン

【閲覧注意】薬物中毒者の本気でエグい戦慄ビフォーアフター4選! 制御不能の半死状態… 「地獄に堕ちた」人間の表情とは!?の画像3画像は、「Internewscast」より

 今年初めに話題になったアンバー・ホフマンさん(24)は、2月から6カ月間に及ぶ麻薬依存症との戦いを記録した。心感染症で死にかけたり、何日間も空腹に耐えながら車の中で寝たりすることもあったという。治療を受けられず、誰からも相手にされず、昨年の年末には死を覚悟するほどだった。しかし、心臓の手術を受けたことをきっかけに薬物中毒をも克服し、今では「私はこれまで以上に元気です。生き返ることは素晴らしいことです」と語る。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?