【池袋暴走事故】“トヨタブー”をめぐるトヨタと全面戦争に? 「上級国民」を凌ぐ国家的企業の闇か、それとも…

関連キーワード:

,

,

【池袋暴走事故】飯塚幸三が実刑を免れる最悪のパターンが判明! 大炎上必至の展開を記者が暴露!の画像1
画像は「ANNnewsCH」より引用


 昨年4月の“池袋暴走事故”で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(89)が、8日の初公判で起訴内容を否認した。起訴状によると、飯塚被告は2019年4月19日、東京都豊島区の道路で乗用車を運転中、アクセルペダルをブレーキと間違えて踏み続け、時速約60キロから約96キロに急加速。自転車で青信号の横断歩道を渡っていた松永真菜さん(当時31)と長女の莉子ちゃん(同3)をはねて死亡させたほか、通行人ら9人を負傷させたとされる。

 初公判で飯塚被告は「(遺族の)ご心痛を思うと言葉がございません。心からおわび申し上げます」と謝罪したが、起訴内容の認否を問われると「車の何らかの異常で暴走したと思っております」と否認した。弁護側は過失致死傷は成立しないと主張している。

 これにネット上は大炎上。飯塚被告がその輝かしい経歴から「上級国民」と揶揄されていたことも相まり「ありえない。過失を認めろ」「遺族がかわいそう」「この際、死刑にすれば?」など罵詈雑言の嵐だ。なかには先月22日に道交法違反(酒気帯び運転)で現行犯逮捕された「TOKIO」山口達也元メンバーと対比する意見も。

「飲酒運転はまずいですが、山口さんはけが人のいない物損事故。それなのに、釈放後に異例の家宅捜索まで食らった。かたや飯塚被告は高齢による健康面を理由に身体拘束を伴う逮捕を〝免除〟された。ネット民が騒ぐのも無理はありません」とはテレビ局関係者。

 一方で飯塚被告が否認したことで、裁判の争点はハッキリした。ズバリ「トヨタ」だ。事故車はトヨタのプリウスで、飯塚被告は事故当初も「勝手に車が加速した」という主旨の供述をしている。

 となると、検察側は法廷で車両に何も異常がないことを証明しなければならない。すでに検察側はメーカーや専門家による鑑定結果、ドライブレコーダーや現場周辺の防犯カメラ映像の分析結果、車両に搭載されていたイベントデータレコーダー(EDR)の分析結果、後続車両の目撃証言などによって、証拠を固めているとされるが、当サイトでも報じているように、そもそもメーカーやトヨタの息のかかった専門家が「プリウスに欠陥がある」なんてことを言うはずがない。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ