山下智久が全く反省せず活動自粛中に飲み歩き!相手女性は追い詰められるも…「ハメられたのは俺」退所Xデーも判明!

山下智久が全く反省せず活動自粛中に飲み歩き!相手女性は追い詰められるも…「ハメられたのは俺」退所Xデーも判明!の画像1
画像は「Johnny’s Net」より引用

 未成年アイドルとの飲酒スキャンダルが報じられたジャニーズ山下智久が全く反省していないようだ。7月末に山下はKAT-TUN・亀梨和也を伴い、都内の飲食店へ。そこへ現役女子高生アイドルAさんら3人が合流し、朝までコースで盛り上がった。そこでお開きかと思いきや、ジャニーズきっての性豪……いや、タフネスぶりを誇る山下は滞在ホテルにAさんを呼び寄せ、計8時間にわたり濃厚なひとときを過ごしたという。

 事態を重くみたジャニーズ事務所は、コロナ禍の深夜外出を理由に亀梨を厳重注意、山下に活動自粛処分を課した。一方で未成年飲酒については「その方(Aさん)が未成年であるという認識はなく、また、特段飲酒の有無も把握はしておりませんでした」「今回のような結果を引き起こすこととなった要因の一つとしまして、店内に居合わせた方が積極的に年齢を偽っていたことが挙げられるのではないかと認識しております」と、Aさん側にも非があると主張した。

 すると、今月13日に一部スポーツ紙がAさん自ら年齢を偽っていたことを認め、謝罪する文書をジャニーズ側に送達していたと報じた。週刊誌記者によると「Aさんの独断で弁護士を雇い、文書を送付したそうだ。Aさんの所属事務所は関知せず、ニュースを見て驚いたそうだ」という。追い込まれたAさんの”暴走”なのか……。

 一方で当の山下は一貫して”無実”を主張しているという。スポーツ紙記者の話。

「厳重注意処分の亀梨は主演映画のイベントで謝罪したが、山下は謝っていない。いまも『年齢詐称したAが悪い』『自分はハメられた』と思っており、処分に納得していないようだ」

 ジャニーズ事務所とズブズブな女性誌などでは、食事ものどを通らないほど凹んでいると報じられた山下だが、実際は「(活動)自粛下でも普通に飲み歩いている」(同)。事務所の処分に対する”無言の抗議”のようにも映るが、前出週刊誌記者によれば「山下は海外志向が強く、ジャニーズを退所して米国で勝負することを決めている。英語も堪能ですしね。もはや日本で何を言われようが、どうでもいい。来春にも退所する可能性がある」という。

 6月には主要キャストに抜擢された日欧共同制作の連ドラ「THE HEAD」が公開されたが、山下の元にはほかにも海外オファーが届いている。

「Aさんとのスキャンダルでポシャるかと思いましたが、特段影響はないそうです。となれば、もう怖いものはない。ジャニーズ事務所に対する不信感もあるだけに、最後まで何かやらかしてくれそうな雰囲気です」(同)

 マスコミのエジキにならないことを祈るばかりだ。

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ