錦戸亮に大ブーイング!ドン引きすぎるライブ前日の“美女合コン”とライブと銘打ち事前収録…ファン激怒

錦戸亮に大ブーイング!ドン引きすぎるライブ前日の美女合コンとライブと銘打ち事前収録…ファン激怒の画像1
画像は「錦戸亮公式サイト」より引用


 昨年9月にジャニーズ事務所を退所した錦戸亮にブーイングが殺到している。錦戸は10月7日と8日の2日間にわたり、東京・日本武道館で初の無観客オンラインライブを開催。7日の配信は、ファンクラブ会員限定の前夜祭で、終始たったひとりでの弾き語りライブ。翌8日は一般向けに、バンド、ストリングス隊とともに演奏する通常のセッションライブだった。エンディング後には来年1月にセカンドアルバムをリリースすることもアナウンスされた。

 大舞台を終えた錦戸はツイッターで、「日本武道館にて2日間行った配信ライブ、無事? なんとか終わりました。これからも精一杯精進して行きたいと思います」と投稿。だが、「女性自身」(光文社)によると、コンサートは「ライブ」と銘打ちながら、事前収録で、当日の武道館は本人不在でもぬけの殻だったという。

「初日のライブでシステム障害が起こり、開演が1時間半以上遅れた。そんなアクシデントが起きたのに、ステージに登場した錦戸がその件に一切触れなかった。その辺りからファンの間でも『あれ?これってナマじゃないんじゃ……』と騒ぎになっていた」(女性ファンの1人)

 同誌の取材に錦戸の事務所担当者は「当初から生放送ではなく、ディレイ放送という形を取らせて頂いております」とコメント。チケット購入者にそのことが周知されなかったことに関しては「この場をお借りして謝罪申し上げます」とした。

 それだけでは終わらない。今度は「女性セブン」(小学館)で、ライブ前日の6日にモデル風美女と”合コン”していたと報じられたのだ。男女4名は庶民的な店で焼き鳥に舌鼓。錦戸得意の”お持ち帰り”こそなかったものの、帰路についたのは日付が変わった7日。酒量も相当で、一緒にいた美女は”へべれけ状態”だったという。

「公式的には7日からライブということになっている。その前日に合コンとは……。本人としてはディレイ配信で、もう収録済みということなのでしょうが、7日を楽しみにチケットを購入したファンは惨めでしょうね。案の定、ネット上では大炎上、皆錦戸の行動にドン引きしています」(同)

 配信ライブのチケットは3900円。錦戸は2日間で数千万円を儲けたとみられるが、こんな体たらくでファンは付いてくるのか。別の関係者によると「ファンクラブ会員を解約する者も出てきている」という。せめてライブが終わるまで”カタチだけ”でも大人しくしとけばいいのに…。

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ