「お出迎えのスタッフが多い大物芸能人TOP3」を業界人が暴露! 大行列&番組上層部がズラリお出迎え…

画像は「Getty Images」より引用


 ある程度売れた芸能人の場合、テレビ局や撮影スタジオなどに到着すると玄関や車寄せにスタッフが待ち構えているのが常だ。たいていは番組の担当プロデューサーやアシスタントディレクターがその役目を果たすものの、超が付くほどの売れっ子や大物芸能人ともなれば、多数のスタッフが出迎えるようになるそうだ。

 そこで、今現在の芸能界で出迎えスタッフがとにかく多い芸能人の名前を取材した。

「15年ほどテレビ業界で仕事をしていますが、過去の経験で最も出迎えが多かったのはダウンタウン浜田雅功さんですね。僕が目撃したときは真っ白のキャデラックで来ていましたが、テレビ局の駐車場に40人ほどのスタッフが待ち構えていました。エレベーターには全員乗れないので、残った人間はエレベーターが閉まるところまで見送った後は階段でダッシュです。有り得ないほどに多いんですが、当時は大物芸能人っぽくてカッコいいと思っていましたね」(テレビ番組制作会社スタッフ)

 40名とはいくらなんでも多いが、なぜそんな人数になっているのか。

「その日に収録する番組のプロデューサーやディレクターがズラリ勢ぞろいしているのですが、それ以外にも過去にお世話になった局員や企画の話をしたがっている局員なども同時に待っているので毎回これくらいの人数になっていたようです」(同)

 なるほど、何かの用事があって一緒に待ち構えていたようだ。しかし、それにしても多いと言える。

 続いてはあの大物アーティストだ。

浜崎あゆみさんの局入りは多かった印象があります。1990年代の全盛期の話ですが、音楽番組収録のときには浜崎さんも大型車3台ほどを連ねてやってきていましたが、受け入れる側も20名ほどのスタッフが立っていました。アーティストによってはレコード会社のプロモーターがひとりで待ち受けているだけということも多いので、この数は当時も今も多すぎのレベルですよね」(テレビ局スタッフ)

 待ち構えるスタッフの数もすごいが3台も連ねてくるとは凄すぎる。当時のパワーを伺い知れるエピソードと言える。

 そして最後はあの大物芸人の名前が挙がった。

「お出迎えのスタッフが多い大物芸能人TOP3」を業界人が暴露! 大行列&番組上層部がズラリお出迎え…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで