「嵐」大野の“契約恋人”報道、Aさんの重要性とは?「彼女の存在は大きい…」活動休止という名の「解散」も?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

「嵐」大野の契約恋人報道、Aさんの重要性とは?「彼女の存在は大きい…」活動休止という名の「解散」も?の画像1
画像は「Amazon」より引用

 年内で活動を休止する国民的アイドルグループ「嵐」が、いよいよ最終章に突入した。11月3日には無観客配信ライブ「アラフェス2020」を東京・国立競技場で開催。当初5月に行われる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期となり、配信ライブという形に切り替わった。第一部はファンクラブ会員限定、第二部は非会員も鑑賞できる。チケット価格は強気の4800~5800円。それでも300万人超のファンクラブ会員を抱えることから、1回の配信ライブでざっと見積もっても150億円以上の売上がたつ。

 ファンのボルテージも高まる一方だが、そこに水を差したのが22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)だ。中身はメンバーの異性関係と活動休止後の青写真。ひと際目を引いたのがリーダーの大野智で、長年同じマンション内で互いの部屋を行き来するAさんという女性がいたという。しかもシングルマザー。同誌によれば、Aさんには交際の事実を口外しないよう誓約書を書かせていたという。

「“契約彼女”のようなイメージですが、大野さんは彼女を気に入り、子供を含めたすべての面倒をみていた。昨年1月に嵐は活動休止を発表しましたが、主導したのは大野さん。『自由になりたい』と。そのウラにはAさんの存在の大きさもあったようです」(スポーツ紙記者)

 同誌ではすでにこのAさんと大野は関係を“清算”したというが、鵜呑みにはできない。一世一代の稼ぎ時であるアラフェスを前に、ファンファーストの精神から、カタチだけでも「別れた」ことにしないとマズイことは、大野も重々承知しているはずだ。

「文春にも書かれているように、大野さんは魚釣りが趣味で、よく沖縄の離島に出掛けている。そのかたわらにはいつもいたのもAさん。他のメンバーが来年以降、ソロ活動に専念することが決まっているなか、唯一動向が定まっていないのが大野さん。ファンの間では沖縄に移住し、そこでAさんと“復縁”。将来的には結婚でもするのではないか? とウワサされていますよ」(同)

「嵐」大野の“契約恋人”報道、Aさんの重要性とは?「彼女の存在は大きい…」活動休止という名の「解散」も?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで