宮崎美子“奇跡のアラ還ボディ”は本物か!? 「写真修正事件」のシャレにならない実態とは!?

関連キーワード:

,

,

,

画像は「Amazon」より引用

「空前のブームである『鬼滅』に唯一黒星を付けたのが宮崎美子さんだという奇跡を、我々は後世まで語り継ぎたい」

 そうツイッターでつぶやいたのは、「メイプル超合金」のカズレーザーさんだ。芸能生活40周年を迎えた女優・宮崎美子(61)が初めてのカレンダー「宮崎美子 40周年記念 カレンダー&フォトブックセット」を発売。衝撃の“アラ還ビキニ姿”を披露し、反響を呼んでいる。宮崎は40年前、熊本大学に在学中、篠山紀信氏撮影の「週刊朝日」の表紙に登場。以後、本格的に芸能活動を開始し、映画やドラマのほか、近年ではクイズ、政治番組で活躍している。

 40年ぶりのビキニ姿を撮影したのは、デビューのきっかけとなった篠山氏。撮影は9月中旬、千葉・九十九里の邸宅と近隣の海辺で行われたという。

 宮崎のカレンダーは19日から予約を開始し、22日のAmazonのカレンダー部門の売れ筋ランキングで堂々の1位。しかも現在無敵状態の「鬼滅の刃」を抑えてのトップだ。宮崎とクイズ番組などで交流のあるカズレーザーが激賞するのも無理はない。

 それにしても驚くべきは、とても還暦を過ぎたとは思えない宮崎の美ボディーだ。バストは推定Fカップで、張りも十分。ネット上でも「60歳の肌とは思えない」「オカズにできる」と絶賛されているが……。

「現実世界に引き戻す話をすると、めちゃくちゃ修正かかってます。首から上と下で違和感が出てしまっているので、相当(修正を)やったと思いますね。まぁ、こうした微調整は全てのグラビア&写真集で行われていることなんですがね」とは大手出版社の編集者だ。

 ただ、業界では宮崎以上の超絶修正が施されたケースも存在する。

宮崎美子“奇跡のアラ還ボディ”は本物か!? 「写真修正事件」のシャレにならない実態とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで