【閲覧注意】「獣姦」で捕まった人々のマグショットがどれもやばい、ヤバすぎる! 獣姦ZOO夫婦、ニワトリ、犬、ホロホロ鳥…!

関連キーワード:

,

,

,

 動物との性行為である獣姦は多くの国々で犯罪とされている。動物には人間と同様の意思決定能力が無いため、獣姦はレイプに類似する行為であり、動物虐待に当たるというのが、その大きな理由だ。動物との“合意”のもと性行為を行うことを標榜する「ズー(ZOO)」と呼ばれる人々もいるが、それはほんの一部である。ところで、犯罪的な獣姦を犯した人物には印象的な顔付きの人物が多い……。今回はその中から4人をご紹介しよう。

【閲覧注意】「獣姦」で捕まった人々の人相がどれもやばい、ヤバすぎる! 獣姦ZOO夫婦、ニワトリ、犬、ホロホロ鳥…!の画像1
画像は「Daily Mail」より

 2016年、米国人レイナルド・ディアス(68)は、親族の飼うピットブルと性行為に及んでいるところを見つかり、逮捕された。ピットブルに怪我はなかったそうだが、これは不幸中の幸いだろう。ディアスはそれ以前にも2回、動物の性行為を行っていたと自供している。ところで、どうしても気になってしまうのが、ディアスの顔だ。特徴的な鼻は事故によるものか、それとも生まれつきのものだろうか……。

【閲覧注意】「獣姦」で捕まった人々の人相がどれもやばい、ヤバすぎる! 獣姦ZOO夫婦、ニワトリ、犬、ホロホロ鳥…!の画像2
画像は「delphinejamet.com」より

 極めて悪質な獣姦者もいる。米インディアナ州のマイケル・ベシガノは、幼少の頃から動物の死体を愛好し、一緒に眠っていた子どもだったそうだが、1991年にニワトリを性的に虐待し、殺した罪で逮捕される。その後もホロホロチョウ、犬などへの性的虐待を繰り返し、裁判官は化学的去勢を検討するまでになったそうだ。2017年以降のベシガノに関する情報はないため、実際に去勢されたかは分からない。ところで、ここでも気になってしまうのが、ベシガノの顔だ。目は焦点が合っておらず、口は半開き……。まるで意思がないかのような顔をしている。

【閲覧注意】「獣姦」で捕まった人々のマグショットがどれもやばい、ヤバすぎる! 獣姦ZOO夫婦、ニワトリ、犬、ホロホロ鳥…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで