【速報】スカウト狩り逮捕者「全員の名前」を入手!乱闘、殴る蹴るの暴行「リアル新宿スワン」歌舞伎町の闇名簿

関連キーワード:

,

,

,

 トカナで再三にわたって報じた新宿・歌舞伎町のヤクザによる“スカウト狩り”いわゆるヤクザ・スカウト抗争。以下の動画は独占入手した現場映像だ。

 

  SNSでは連日ホストを探し回る動画や写真などが投稿されて、”歌舞伎町怖い“というイメージが植え付けられて、歌舞伎町に遊びに行く人間は”『バレンシアガ』と『オフホワイト』のブランドの服やバッグを持っていると危ない“という都市伝説まで浸透した。

 警視庁は28日暴力行為処罰等違反と傷害容疑の疑いで4人の住吉会系暴力団組員と3人のスカウト会社社員を逮捕した。

 逮捕されたのは、

 指定暴力団住吉会系加藤連合会賢総業組員・河合喬、古川八代隆、同じく住吉会系加藤連合会聡仁組組員、森岡英治、小松征信、スカウト会社社員、桑村俊和、西田寛昭、小長谷研人容疑者ら7人だ。

 捜査関係者の話によると、逮捕された組員、スカウト会社社員は6月4日夜に、新宿区歌舞伎町2丁目において、対立していたスカウト会社社員らと乱闘し、殴る蹴るなどの暴行を加えて、対立していたスカウト会社の男性1人にケガをさせた疑いが持たれているという。

 この事件は住吉会系加藤連合会が関係していたスカウトグループが同じ加藤連合会系のスカウトを自分のスカウト会社に引き抜いたことから、トラブルに発展。

 事件のあった6月4日前後数日間にわたって歌舞伎町に100人以上の暴力団組員を終結させて、夜の歌舞伎町を大混乱に陥らせた。

 警察はこの事態を重く見て、付近の防犯カメラの解析し、まずは7人を逮捕した。今後も全容解明を進め事件に関与した疑いのある暴力団関係者、スカウト会社関係者の摘発を進めていく。

編集部

関連キーワード