11月3日は動物で初めて地球軌道を周ったライカが死亡した日! 打ち上げ時のストレスで、発射されたその日のうちに死亡…

11月3日は動物で初めて地球軌道を周ったライカが死亡した日! 打ち上げ時のストレスで、発射されたその日のうちに死亡…の画像1
(写真はWikipedia Laikaより使用。Public Domain)

『宇宙犬ライカと1959年にルーマニアで発行されたその記念切手』

 1957年11月3日は、旧ソ連の宇宙船スプートニク2号に乗り地球上の動物で初めて地球軌道を周遊した動物、ライカが死亡した日である。


 1947年にミバエを宇宙空間に発射して以来、1961年にガガーリンが宇宙飛行から生還するまで、多くの動物が人間の代替として宇宙空間に飛び立たされてきた。


 ライカの宇宙飛行でも、技術的にはいまだに大気圏への再突入ができない状態で行なわれたために、打ち上げから10日後に安楽死をさせられるという計画になっていた。


 しかしこの実験後、ソ連政府は「キャビンが過熱しすぎたために4日後に死んでいた」と発表。


 しかし後年の2002年に、打ち上げ時のストレスで、発射されたその日のうちに死亡していたことが判明した。


 以降、多くの犬やサル、ネズミなど多くの動物が宇宙空間に飛ばされ、中には生還するものたちもあったが、決死の計画で犠牲になったライカの物語は、人間と宇宙の物語の原点として永遠に語り継がれるべきであろう。


 古来より人間の最も近い友として共生してきた犬であるが、人間の繁栄は、時として彼らの生命を犠牲にして築かれたものなのである。

 

<11月3日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

11月3日は動物で初めて地球軌道を周ったライカが死亡した日! 打ち上げ時のストレスで、発射されたその日のうちに死亡…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル