「ソーシャルディスタンス・オナニー」の伝統が東日本にあった! 山頂から自慰を見せ合う不倫カップルたち…!

【日本奇習紀行シリーズ 東日本】

「ソーシャルディスタンス・オナニー」の伝統が東日本にあった! 山頂から自慰を見せ合う不倫カップルたち…!の画像1
写真は「ゲッティ」から引用

 世の中には実に変わった趣味嗜好を持った人がいるもので、そうした人々が抱く想いが、しばしば奇妙な習慣や風習の類を生み出すことは、これまでも幾度となくご紹介してきたが、今回ご紹介する風習も、まさにそうした人々の想いがそのまま形になったと思しきものだ。

 

「普通に考えたら、なにが楽しいのかわからないけどね(苦笑)」

 

 かつて東日本のとある地域で行われていたという、男女の奇妙なコミュニケーションについてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、現在もなお代々続く造り酒屋を営んでいる小泉一郎さん(仮名・83)。小泉さんの話によると、その昔、当地の男女たちは、なんとも奇妙なプレイをエンジョイしていたという。

 

「要はね、お互いに自分でナニしているのを見せ合うの。まぁ、それだって目の前でやるならあれだけど、えらく離れたところでやりあうんだから、おかしな話だよなぁ」

 

 いわゆる“本番行為”はもとより、互いにの身体に触れる形での不貞行為が村の掟によって厳しく禁止されていたという当地の既婚者たち。一度その掟を破れば、自分はもとより家族を含める形で村八分となってしまうため、どんなに強い劣情を抱いたとしても直接的にそうした行為に及ぶことはできなかったという。要はそうした制約の中で、彼らが思いついたのが、当地特有のかなり大きな“ソーシャルディスタンス”を保った上での、この相互鑑賞オナニー習慣ともいうべき行為なのだ。

「ソーシャルディスタンス・オナニー」の伝統が東日本にあった! 山頂から自慰を見せ合う不倫カップルたち…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで