近親相姦セックス魔ハンター・バイデンに人身売買の疑惑浮上! フィンガーレイク地区で消える子どもと秘密の地下道、続々暴露!

近親相姦セックス魔ハンター・バイデンに人身売買の疑惑浮上! フィンガーレイク地区で消える子どもと秘密の地下道、続々暴露!の画像1
ハンター氏の背中に彫られたフィンガー・レイク地区のタトゥー。画像は「International Business Times」より

 米大統領選前の“オクトーバーサプライズ”となった民主党候補ジョー・バイデン氏の息子ハンター・バイデン氏のパソコンデータ漏洩。詳しくは過去記事を参照していただきたいが、某国諜報機関関係者のジェームズ斉藤氏への取材で、ハンター氏の背中に彫られたタトゥーは、エリートペドフィリアの世界で知らぬ者はいない米ニューヨーク州北部のフィンガーレイク地区の衛星画像だという指摘があった。この地区は一体どんな場所なのか、そしてハンター氏がこのタトゥーを入れた理由は何なのか、詳しく見ていきたい。

 ハンター氏のパソコンデータを公開した中華系ニュース「GNEWS」(4日付)が、ハンター氏とフィンガーレイク地区の関係を報じている。同ニュースによると、ハンター氏がフィンガーレイク地区のタトゥーを入れた理由は3つ考えられるという。

 1つは、ハンター氏の母ネイリアがフィンガーレイク地区のすぐ北にあるオノンダガ郡で育ったことに由来するという。ネイリアはハンター氏が3歳の時に交通事故で亡くなっているため、亡き母へ捧げる意味でフィンガーレイク地区のタトゥーを彫ったというわけだ。

近親相姦セックス魔ハンター・バイデンに人身売買の疑惑浮上! フィンガーレイク地区で消える子どもと秘密の地下道、続々暴露!の画像2
流出した画像。「GNEWS」より。

 2つ目の理由は、同地区が10年以上にわたってハンター氏のビジネスの中心地であることだ。ハンター氏は2008年にコンサルティング会社「セネカ・グローバル・アドバイザーズ」を設立、2009年に父ジョーが副大統領に当選すると、2つ目の会社「ローズモント・セネカ・パートナーズ」を設立し、中国共産党から受け取った資金のマネーロンダリングを行っていたとされる。その後もバイデン副大統領の肝いりでフィンガーレイク地区にあるロチェスター大学に巨額の連邦補助金が付与されたことで地域が活性化、それに伴ってハンター氏の会社も事業を拡大していったという。

 3つ目の理由は、未成年の性的人身売買である。ジャーナリストのアンドレア・デカート氏は、フィンガーレイク地区の人身売買について米紙「Daily Messenger」で報告している。それによると、人身売買業者は傷つきやすい少女に的を絞り、麻薬中毒者が集う場所の周辺で狩りを行うという。2019年には30歳の男に性的人身売買で有罪判決が下っており、連邦検事のマランゴラ氏は過去5年間で25人の人身売買業者を起訴してきたそうだ。

近親相姦セックス魔ハンター・バイデンに人身売買の疑惑浮上! フィンガーレイク地区で消える子どもと秘密の地下道、続々暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで