【閲覧注意】客のペニスを切り落とした風俗嬢が逮捕される! バックに潜ませていた切断チンコの画像も流出=アルゼンチン

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】客のペニスを切り落とした風俗嬢が逮捕される! バックに潜ませていた切断チンコの画像も流出=アルゼンチンの画像1画像は、「ForoGore」より

 世界中でペニス切断事件が頻発している。性欲を抑えるため、もしくは精神を病んでいたため、自ら性器を切り落とす男性もいる。しかし、最も多いのは、恋愛関係や夫婦関係のもつれが原因の傷害事件だ。

 海外の過激動画共有サイト「ForoGore」でも今月、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで起きたペニス切断事件に関連する動画と画像が公開された。一人の男性が歩道の脇に座り込んでおり、彼を警官らが取り囲んでいる。男性は苦しそうだが、それもそのはず、性器を切断されてしまったのだ。この恐ろしい事件の容疑者は風俗嬢で、男性は客だったという。風俗嬢のバッグからはペニスが飛び出している。詳細は不明だが、1936年に東京市荒川区で起こった阿部定事件を彷彿とさせる事件である。

 同国第二の都市コルドバでは2017年11月にも、ミュージシャンの男性、セルジオ・フェルナンデスさんが愛人のブレンダ・バラッティーニに植木ばさみでペニスを裁ち切られる事件が起こった。バラッティーニは当初、フェルナンデスさんに強姦されたために抵抗した旨を主張していたが、後に計画的な犯行だったことを認めた。フェルナンデスさんに戦利品のように扱われ、性交の様子を撮影したビデオを友人や同僚にさらされたことに腹を立てたのが動機で、殺意は否認した。バラッティーニは先月9月に有罪とされ、13年の禁錮刑を言い渡された。

 近年は医療技術が発達し、切断された男性器の再接着に成功する事例も増えてきた。今年7月には、英バーミンガムの外科医チームが、切断されてからほぼ1日経過したペニスを再接着する手術に成功した事例が報告された。患者は統合失調症の男性で、自殺するために性器を切り落としたという。医学文献にも100例ほどしか記載されていないペニスの再接着手術だが、今回は排尿だけでなく勃起もできるほどに回復したとのことで、貴重な前例となるだろう。

 いくら再接着可能になったとしても、ペニス切断は男性にとってこの上ない脅威であることに変わりない。そのような目に逢わないためにも、男性は女性を大切にすべきということになるのだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】客のペニスを切り落とした風俗嬢が逮捕される! バックに潜ませていた切断チンコの画像も流出=アルゼンチンのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?