美少女11歳を誘拐して18年監禁、レイプで2度出産させた「ジェイシー・デュガード誘拐監禁事件」の鬼畜すぎる全貌!

美少女11歳を誘拐して18年監禁、レイプで2度出産させた「ジェイシー・デュガード誘拐監禁事件」の鬼畜すぎる全貌!の画像2
フィリップ・ガリドー 画像は「Wikipedia」より

 監禁されてから2年以上がたち、ジェイシーは自分が妊娠していることを知り14歳で長女を出産。続いて1997年、17歳で次女を出産した。そしてこの2人の娘たちも家の外に出ることを禁じられたのだった。

 ガリドーは婦女暴行の罪で一度は服役しており、当時は仮釈放人としてGPSアンクレットをはめられ、定期的に監察官の訪問を受けるなど監視下に置かれていた。この18年の間に、監察官はガリドーの様子を見に自宅に通算60回もやって来ていたのだが、裏庭の小屋はチェックしていなかった。これは明らかに警察の落ち度であるとジェイシーとその母、テリー・プロビンは主張し続けている。

「彼が秘密の裏庭に行く姿ははっきりと見ることができます。そして(裏庭に行っていれば)彼がそこで何をしていたのかわかったでしょう」(ジェイシー)

 ジェイシーと彼女の娘たちは2009年に救助された。ガリドーはカリフォルニア大学バークレー校のキャンパス内でイベントを催すことを計画していたのだが、許可申請に訪れたガリドーを不審に感じた警備員の報告が発端となって身元が調べられ、警察も動いてガリドーとその同居人を詳しく調べたところ、同居している女性が18年前に誘拐され行方不明であったジェイシーであることが特定されたのだ。この事実が確認されるや、ガリドーと妻のナンシーはその場で逮捕された。

 ガリドーは、誘拐1件と性的暴行13件について有罪を認め、懲役431年の刑を言い渡された。 ナンシーは、誘拐1件、強制レイプ1件などの有罪を認め、36年の懲役刑が宣告された。

美少女11歳を誘拐して18年監禁、レイプで2度出産させた「ジェイシー・デュガード誘拐監禁事件」の鬼畜すぎる全貌!の画像3
ナンシー・ガリドー 画像は「Wikipedia」より

 カリフォルニア州は仮釈放中のガリドーの監督が不適切であったことを認め、ジェイシーに2000万ドル(約21億円)を支払っている。デュガードの母プロビンは、ガリドーに対する怒りの表明はもちろん、警察の不手際についてもまだ糾弾中である。プロビンは今でもジェイシーがそばにいない時には、家に戻ってこないかもしれないと恐怖でいっぱいになるという。

■ジェイシー「1分たりともを時間を奪われたくない」

 2009年に“救出”されたジェイシーは、平穏な生活を取り戻した一方で、再び“自分の人生”を生きるために定期的に馬が放牧された牧場を訪れている。この牧場はジェイシーのセラピスト、レベッカ・ベイリー博士が所有するもので、ベイリー氏はトラウマの犠牲者を癒し自信を取り戻させるために馬とふれあうことを提唱しているのだ。

「誘拐の生存者と協働することの最も重要なことの1つは、彼らが行うすべてのことにおいて彼ら自身が選択できるようにすることです」(ベイリー氏)

 18年間隔離された後も、ジェイシーの目はまだ日光に敏感である。そして日々の生活の中で自立し、自分で選択していく方法を学ばなければならなかった。食料品店で買い物をしたり、小切手を書いたり、車の運転を練習するなど、自分自身の人生を再建するための課題が山積みであった。

美少女11歳を誘拐して18年監禁、レイプで2度出産させた「ジェイシー・デュガード誘拐監禁事件」の鬼畜すぎる全貌!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル