【超重要】どこも報じない新型コロナワクチン「ファイザーの黒い噂」! ビルゲイツ、人体実験、薬の隠蔽、利益優先を断言…


 だが、ファイザーが臨床試験を行わなかった真の理由はどうやら別のところにあったようだ。同社はエンブレルの20年間の独占特許権を取得し、1998年に販売を始めたが、その特許権は2018年に切れており、仮に同社がエンブレルのアルツハイマー病予防薬としての効果を臨床試験で証明しても、莫大なコストやリスクに対し、得られるメリットはほとんどないことが分かっていたのだ。全人類の幸福よりも自社の利益を優先したファイザーの判断は、“人道に対する罪と言っても良いだろう。

●子どもへの人体実験

 さらに、ファイザーは“違法”な人体実験を貧困国で行ってもいた。1996年、ファイザーは、ナイジェリアで抗生物質の臨床実験を行い、その結果50人以上の子供が死亡、数十人に障害が残ったとされる。2006年ナイジェリア政府委員会は、ファイザーが国際法に違反していたと結論。2007年にナイジェリア当局が被験者となった子供たちの親から適切な同意を得ていなかったとして、同社に70億ドルの賠償を請求した。

画像は「getty images」より


 しかし、2009年にウィキリークスが公表した文書で、ファイザーはこの訴訟を取り下げさせるため、民間の諜報会社を雇い、ナイジェリアのマイケル・アオンドアカ司法長官を脅迫していたことが明らかになった。ファイザーの調査員は司法長官の“汚職”に関する情報を地元紙に流し、長官に圧力をかけたという。その記事が掲載された数カ月後にナイジェリアの司法省はファイザーと和解している。

 こうしたファイザーの隠蔽体質は日本でも確認されている。2015年、ファイザー日本法人が、抗癌剤など11の医薬品の重い副作用約200例を把握していながら国へ報告していなかったとして、業務改善命令を受けているのだ。人命よりも利益を優先する企業態度が表れていると言えるだろう。

 この調子だとファイザーの新型コロナワクチン開発も眉に唾をつけて見た方が良いかもしれない。前例からいえば、重大な副作用が隠されている恐れもあるだろう。たとえ、ワクチンの安全性が確立されていなくても、利益優先で他製薬会社に先駆けてワクチンを売りさばくかもしれない。何度も言うが、ワクチンの開発そのものは喜ばしいことだ。しかし、人々の健康より自社の利益を優先する会社を信頼できるだろうか? これ以上信頼を失わないためにも、ファイザーには安心安全な新型コロナワクチンを開発してもらいたい。ちなみに、ビル&メリンダ・ゲイツ財団は2002年にファイザーに出資し、現在も株式を保有し続けている。

 

参考:「Business Insider」、「日本経済新聞」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

■2021年9月20日~26日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【超重要】どこも報じない新型コロナワクチン「ファイザーの黒い噂」! ビルゲイツ、人体実験、薬の隠蔽、利益優先を断言…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル