【近親相姦】兄×妹、母×息子、祖母×孫、父×娘… 本当にあった世界の超ヤバい近親相姦7選! 生々しすぎるSEX激白も!

 最近、「ジェネティック・セクシュアル・アトラクション(Genetic sexual attraction: GSA)」という用語がしばしば、欧米メディアで使われている。それは、近親者同士が性的魅力を強く感じる現象を指すといい、多くの場合、離れ離れになっていた家族が再会した場合に起こると言われている。その幾つかの実例を見てみよう。


1. 母と息子

【近親相姦】兄×妹、母×息子、祖母×孫、父×娘… 本当にあった世界の超ヤバい近親相姦7選! 生々しすぎるSEX激白も!の画像1
「Mirror」の記事より

 ベン・フォード(32歳)は、養子に出されてから約30年後の2013年に、母親のキム・ウェスト(51歳)と再会した。

 ベンにはその時すでにビクトリアという妻がいたにもかかわらず、キムに対して「瞬間的な絆」を感じ、性的関係を結んだという。その後ベンは母親を選び、妻を捨てた。

 母親のキムは、息子とのセックスは「素晴らしい」と言い、息子と結婚し、子どもを産むことを計画しているという。

2. 母と息子

【近親相姦】兄×妹、母×息子、祖母×孫、父×娘… 本当にあった世界の超ヤバい近親相姦7選! 生々しすぎるSEX激白も!の画像2
母ジュリー・ハーベイと息子のジェフ・アンダーソン 「Mirror」の記事より

 ジェフ・アンダーソンは育ての母の死後、自分の実の母親を見つけたいと考え、その結果、45歳になっていたジュリー・ハーベイを捜し出した。

 ジュリーは息子に会った後、息子のことで頭がいっぱいになったという。ジュリーは、「その時点で私は、GSAについて何の知識もなく、この気持ちは近親相姦的だと思いました。でも再会した息子のジェフから、私は彼の特別な女性だと言われた時、私は恋する女子高生のようになってしまいました」という。

 そしてその時、ジュリーも息子のジェフへの愛を告白したが、それは母の愛ではなく性的な欲求を伴うものだったと話す。愛し合うようになった彼らは、体外受精の助けを借りて、子どもをつくりたいと思うようにさえなったという。

 現在、ニューヨーク州に住む2人は、生まれてくる子どもが(近親相姦のために)遺伝的欠陥を持つ可能性があっても、子どもをつくる考えは変わっていないという。

【近親相姦】兄×妹、母×息子、祖母×孫、父×娘… 本当にあった世界の超ヤバい近親相姦7選! 生々しすぎるSEX激白も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?