【閲覧注意】焼身自殺したスーパー美女の変わり果てた姿が悲惨すぎる! 廃棄されたマネキンのように… 世界で女性自殺者が急増中

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】焼身自殺したスーパー美女の変わり果てた姿が悲惨すぎる! 廃棄されたマネキンのように… 世界で女性自殺者が急増中の画像1画像は、「Bronevik News」より

 8月4日午前4時ごろ、ウクライナの都市ザポリージャで若い女性の焼け焦げた遺体が発見された。当時ザボツカヤ通りの歩行者が、ローマカトリック教会の敷地内で遺体を発見し、警察に通報した。付近にある監視カメラの映像などから、死亡したのは、同都市に住むアナスタシア・Nさん(24)であることが判明した。

 アナスタシアさんの遺体画像がウクライナメディア「Bronevik News」などで公開されている。彼女は美しい女性だった。しかし、地面に倒れた遺体からは生前の面影が完全に失われ、まるで廃棄されたマネキンのようだ。服は完全に焼け落ち、露わになった肌は焦げ、一部が炭化して黒くなり、剥がれ落ちている。辛うじて腕のタトゥーが見えるだけだ。

 アナスタシアさんの死は自殺とみられている。遺体発見の前夜、彼女はSNSに遺書のようなものを投稿した。その中で彼女は、自分が不幸で、嫌われていて、親戚や友人から苦痛を与えられたりいじめられたりしたためトラウマになっていると語った。

 アナスタシアさんの友人は彼女の死にショックを隠しきれない。彼らはアナスタシアさんが普通の女性であり、自殺するような雰囲気はなかったという。友人の一人は次のように話した。

「私たちは同じクラスで勉強しました。自分たちの会社も持っていました。アナスタシアはかなり陽気な女の子でした。誰もがショックを受けています。まさか自殺願望があったことに誰も気づきませんでした。彼女には非常に敬虔な両親がいて、私の知る限り、彼女のお父さんは教会で神に仕え、お母さんは聖歌隊で歌っています。アナスタシアと私は時々教会の礼拝に参加しましたが、彼女が熱心な信者であったわけではありません」

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響から世界各地で自殺者が増えている。日本でも先月自殺した人は全国で合わせて2153人で、去年の同時期より614人、率にして39.9%増加した。男女別では男性が去年よりも21.3%増えて1302人、女性が82.6%増えて851人で、女性の自殺者が大幅に増えていることが明らかとなった。日本だけでなく世界中で女性が精神的に追い詰められており、アナスタシアさんもその一人だったのかもしれない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】焼身自殺したスーパー美女の変わり果てた姿が悲惨すぎる! 廃棄されたマネキンのように… 世界で女性自殺者が急増中のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?