エゴを優先した山下智久、大親友の赤西仁と共闘へ? 電撃退所のウラ側「ファンは置き去り」

関連キーワード:

,

,

エゴを優先した山下智久、大親友の赤西仁と共闘へ? 電撃退所のウラ側「ファンは置き去り」の画像1
画像は「ソニーミュージックオフィシャルサイト」より引用

 タレントの山下智久(35) がジャニーズ事務所を10月末をもって退所していたことが電撃的に発表された。

 17歳の未成年モデルと飲酒し同じホテルに滞在した女性トラブルで8月から謹慎しているさなかでの退所に賛否が広がっている。山下はアメリカの芸能プロダクションとエージェント契約を結んでいて、同事務所を通じてハリウッド作品のオファーがあり、海外作品に参加するためスピード退所に踏み切ったという。ジャニーズという巨船を離れ、これからどういった活動を行っていくのだろうか。

「現状ハリウッドで成功するかは未知数ですが、大親友の赤西仁に相談し、共闘していくプランが浮上しています。赤西の成功モデルでもある個人ファンクラブを設立してそこを基点にファンから集金するシステムをとることになりそうです。インスタのフォロワー数が約500万ということでファンもたくさんついています。金銭的に困ることはなさそうですよ」( 芸能関係者)

「NEWS」の一員としてデビューし、 ドラマや映画に出演できたのはまちがいなく事務所のおかげでもある。2014年に六本木でいさかいを起こし、一般人の携帯電話を奪って破壊し書類送検された際も、コトが大きくならないように鎮圧したのは事務所だった。恩義を忘れ、ジャニーズで活動を再開しないまま、海外に飛び出す選択をした山Pにネット上のファンからも批判の声が上がっている。

「当初は亀梨和也と組むユニットのアルバムを発売。5月からは亀梨とコンサートツアーを開催して、そのラストで『2020年をもって退所する』と発表する予定でした。ところが、コロナと自ら招いた女性トラブルによって、すべて吹っ飛びました。ジャニーズサイドとは円満退社としていますが、 実情は山下が我慢しきれず飛び出したというのが真相です。それを『週刊文春』 にスッパ抜かれることがわかった10日夜に慌てて発表したというのが電撃退所のウラ側ですよ。ファンは置き去りですね」( 前出の同)

 未成年女性とのスキャンダルを巻き起こしたあげく、 エゴを優先した山Pに残されたジャニーズの滝沢秀明副社長やファンはいったい何を思うのだろうか……。

編集部

エゴを優先した山下智久、大親友の赤西仁と共闘へ? 電撃退所のウラ側「ファンは置き去り」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで