「夫以外を除け者に…」小林麻耶、収録現場でも異常行動!? 1カ月以上前から“クビ”の兆候か

関連キーワード:

,

,

,

「夫以外を除け者に…」小林麻耶、収録現場でも異常行動!?  1カ月以上前からクビの兆候かの画像1画像は『まや☆日記』(小学館)

 フリーアナウンサーの小林麻耶の周囲が一気に騒がしくなった。11月12日にレギュラー出演していた「グッとラック」(TBS系 )を降板となり、さらに所属事務所・生島企画室との契約も終了と なっていたことが発覚。その原因は2018年に結婚した整体師の 國光吟氏に傾倒するあまり、 夫の言う事しか聞かなくなってしまったからだ。 

 結婚当初から危惧されていたことが、ついに“爆発”してしまった。 

「夫の國光さんは整体師という職業以上に、スピリチュアル系と いうことで大きな注目を集めていた。小林にとって、國光さんの言う事が全てとなってしまい、今回の降板・ 契約終了に繋がった」(TBS関係者) 

 國光氏の行動は、テレビ界の常識からかけ離れたものだった。夫という枠を飛び越えて、まるでマネージャーのように動いており、局スタジオやロケ現場には必ずと言っていいほど同伴し、送り迎えをしていた。 

「小林は生島企画室に対し『マネージャーが現場にも来ないくせに!』などと不満を漏らしていたのだが、國光さんがその役をしていたため、本来のマネージャーは除け者にされていた。事務所スタッフが居ようが、小林は國光さんとばかり話していたから」 (前出関係者) 

 ただ送迎するだけならばよかったのだが、裏では番組制作に関して妻に意見していたので、話はこじれてしまった。 

「いつしか現場でああだこうだ文句ばかり言うようになった。どうやらそれも夫から言われたことをそのまま口に出している様子だった。生島企画室も現状を把握して問題視。特に会長の生島ヒロシさんが怒っており、1カ月以上前からいつこうなってもおかしくなかった 」(前出関係者)。 

 元TBSアナウンサーでテレビ制作現場を知り 尽くしている生島からすれば、 小林の行動は言語道断だったということだ。

「夫以外を除け者に…」小林麻耶、収録現場でも異常行動!? 1カ月以上前から“クビ”の兆候かのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで