嵐の夜に行われた“濃密すぎる夜這い”とは!? 北日本の漁村で受け継がれた“おうち時間”の工夫

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】

嵐の夜に行われた濃密すぎる夜這いとは!? 北日本の漁村で受け継がれたおうち時間の工夫の画像1
写真は「ゲッティ」から引用

 今年もゲリラ豪雨や台風が日本各地を襲い、甚大な被害をもたらしたが、こうした“嵐の日”にちなんだなんとも奇妙な習慣が、かつて北日本のとある地域で行われていたという。

 

「まぁ、嵐って言えば、誰しも穏やかじゃないと思うけど、このあたりじゃちょっとばかり事情が違っていてね」

 

 かつて北日本のとある地域で、台風のたびに行われてきたという奇妙な行為についてそう語り始めたのは、当地で生まれ育ち、現在も長男らと共に近海漁を続けている藤川芳雄さん(仮名・81)。藤川さんの話によると、その昔、当地の男女たちは、台風などの嵐が来ると、“無礼講”的なニュアンスで、夜這い夜這われといった淫らなひとときを過ごすことが習慣化していたのだという。

 

「私なんかもそうだけど、嵐になると海に出られんもんだから、何もすることがなくてね。だから憂さ晴らしを兼ねて、よそのオンナとナニしてたというわけ」

 

 藤川さんをはじめ、村人の大半が漁業で生計を立てていた当地では、嵐になると仕事にならないため、誰もが自宅で手持ち無沙汰な時間を過ごすことを余儀なくされていたという。要はそうしたなかで、ある種の暇つぶしと憂さ晴らしを兼ねて、夜這いが行われていたというわけだ。

 

「嵐が来始めたら道具の片付けやら船の始末やらをしてさ、夜になるのを待つの。そんで夜になったら隣近所の奥さんや若い娘のとこへと出かけていくというわけよ」

関連キーワード