近藤真彦の 「辛辣な陰口」が東山紀之の裏で囁かれていた?

近藤真彦の 「辛辣な陰口」が東山紀之の裏で囁かれていた!?の画像1
画像は「Johnny’s Net」より引用

 ジャニーズ事務所の最年長タレント、56歳の近藤真彦が、25歳年下の女社長と5年間も不倫関係にあると週刊文春が報道され、これを認めて無期限の芸能活動自粛を発表した。近藤の申し出を受けて事務所がそのとおり処分を下した形。

 不倫自体については一部のジャニーズ関係者からは「2年前に自然消滅させるという話を聞いたことがあった」との話が聞けた。

「不倫は一部で知られていたんですが、みんな口に出しては言わない話、って感じだね。相手の女性は、ある人気女優の名前をそのまま付けたニックネームで隠語みたいに呼ばれてて、これがバレたらマズいんじゃないか、と。でも、みんな近藤さんにモノ言えないからね。たのきんトリオ時代からいる古株の役員が言うのか言わないのかって感じだった。でも2年ぐらい前、ある役員が『〇〇〇さんがマッチと話して自然消滅させるってことになったらしい』ってね。だから、もう終わったものだと思っていた」(関係者)

 文春の報道では、近藤は10月下旬、その女社長と沖縄へ旅行、リゾート地でゴルフをし、ホテル最上階の部屋に滞在していたという。2人が会食で出会った約5年前、女社長には同棲相手がいたが、近藤の猛アタックで交際に至ったという。ただ、近藤には資産家令嬢の妻との間に13歳になる長男もいる。遊び盛りのアイドル時代ならともかく、若いタレントの手本となる近藤の不倫報道は、「良くないよね」と前出関係者。

「だってさ、他にもジャニーズには不倫のウワサがあるベテランタレントがいるから。格上の近藤さんがこれでは、そういう人にも何も言えなくなってしまうでしょ。若いタレントにだって『近藤さんもやっている』と言われたら統率とれなくなるよ」(同)