ビットコイン高騰の裏に「バイデン×ロスチャイルド」の闇? エコノミスト誌が予言した「支配者たちの仮想通貨」

ビットコイン高騰の裏に「バイデン×ロスチャイルド」の闇? エコノミスト誌が予言した「支配者たちの仮想通貨」の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 民主党候補のジョー・バイデンが大統領戦に勝利すれば、仮想通貨ビットコイン(BTC)には追い風といわれていた。なぜなら、グローバリスト=ディープステートの時代が到来するからだ。事実、政権移行チームの金融政策担当トップは、ロスチャイルドの金融大手ゴールドマン・サックス・グループ元共同経営者で、CFTC(米商品先物取引委員会)元委員長のゲーリー・ゲンスラー氏だ。

 そして、注目したいのが、あのビル・ゲイツも愛読しているイギリスの政治経済紙「The Economist」だ。今回はそんなエコノミスト誌に関する過去記事を紹介する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 世界の各地域をカバーした鋭い分析からなる記事が情勢に与える影響も大きく、世界でもっとも重要な政治経済紙の一つと見なされている。また、トカナでもお伝えしたきたように、同紙が毎年年末に刊行している『世界はこうなる』シリーズの表紙は、翌年の世界情勢を暗示しているとして有名だ。そして、今回ご紹介するのは、過去にエコノミストの表紙で予言されたことが、完全に実現してしまった例である。


■1988年の「The Economist」がビットコインの出現を予言していた!

 1988年に刊行された「The Economist」の表紙が2018年の状況を完全に言い当てていたと報じているのだ。

ビットコイン高騰の裏に「バイデン×ロスチャイルド」の闇? エコノミスト誌が予言した「支配者たちの仮想通貨」の画像2画像は「Collective Evolution」より引用

 紙の紙幣が燃える中、どこか見覚えるのある硬貨が真ん中に描かれている。そして、その硬貨には2018とはっきりと記されているではないか。さらに、右上には「世界通貨に備えよ!」とまで書かれているのだ。まるで30年も前に昨今のビットコインの隆盛を完全に見抜いていたかのような印象を受ける。「Reddit」ユーザーによると、同紙9~10ページには次のような“予言”まで書かれているという。

「今から30年後、アメリカ人、日本人、ヨーロッパ人、他の豊かな国の人々も比較的貧しい人々も同じ通貨で買い物をするようになるだろう。その通貨はドルでも円でもドイツマルクでもなく、“フェニックス”と刻印されることだろう。企業や消費者は、その利便性において、このフェニックス通貨を既存の国家通貨よりも好むようになるだろう」

 ビットコインの運用が開始されたのは2009年のこと。それ以前にも仮想通貨という概念は90年代半ばからあったようだが、1988年の時点では今日の仮想通貨の隆盛を予言することは普通に考えればほぼ不可能だろう。一体どうして「The Economist」はこれほど正確な予言を30年も前にすることができたのだろうか?

ビットコイン高騰の裏に「バイデン×ロスチャイルド」の闇? エコノミスト誌が予言した「支配者たちの仮想通貨」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで