マツタケはペニス、アワビはヴァギナに見立てて…! 西日本に伝わる夫婦和合&子宝祈願の正月風習とは!?

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

マツタケはペニス、アワビはヴァギナに見立てて…! 西日本に伝わる夫婦和合&子宝祈願の正月風習とは!?の画像1
「ゲッティイメージズ」から引用

 毎年この時期になると、徐々に年の瀬や年明けに際しての支度を始めるという人も少なくないと思うが、そうしたなか、世の中にはなんとも珍妙な習慣のために、あれやこれやと奔走している人もいたようだ。

 

「なにせ、昔からあまり数はとれないもんでね。今でもみんな躍起になって探してるよ」

 

 かつて西日本のとある地域で行われていたという“正月にまつわる習慣”についてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、現在も近海漁を続けている漁師・山下勝さん(仮名・83)。山下さんの話によると、その昔、当地の人々は、“ある理由”から、正月料理に大ぶりのアワビと松茸を出す習慣があり、それらの調達のために秋口から悪戦苦闘していたのだという。

 

「アワビは女、松茸は男のナニ。それを正月に2つ揃えることで、夫婦仲が良くなるとか、子孫繁栄なんかの御利益があるという話でね。だからどこの家でもみんな出したがるから、毎年が争奪戦。見つけてくるのが大変なんだよ」

マツタケはペニス、アワビはヴァギナに見立てて…! 西日本に伝わる夫婦和合&子宝祈願の正月風習とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル