【超・閲覧注意】“兵士の生首がマジで動き出す”恐怖の瞬間! アルメニア兵士に斬首されたアゼルバイジャン兵士の怨恨か!

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】兵士の生首がマジで動き出す恐怖の瞬間! アルメニア兵士に斬首されたアゼルバイジャン兵士の怨恨か!の画像1画像は、「Hoodsite」より

 ナゴルノ・カラバフ地域の帰属をめぐって争っていたアゼルバイジャンとアルメニアが先月10日、ロシア政府の仲介で戦闘を停止することに合意した。両国が領有権を主張する同地域は、国際的にはアゼルバイジャンの一部として認められているが、アルメニアの実効支配が長年続いている。1991年9月に「アルツァフ共和国」としてアゼルバイジャンからの独立を宣言したことで2国の戦いが激化し、多数の死傷者と難民を出した。1994年に停戦が成立したものの、その後も同地域をめぐる両国は衝突してきた。

 今年9月27日には両国が戦闘に突入し、何度か交わされた一時停戦合意はいずれも破綻した。アゼルバイジャン軍はナゴルノ・カラバフ地域の5つの県の中心地、4つの町、286の村を解放。アルメニア軍は敗北を認め、先月10日の停戦合意で、実行支配していたアグダム県、ラチン県、カルバジャル県からの撤退を約束した。カルバジャル県は15日に返還予定だったが、悪天候や山岳地帯の道路事情などの理由で、アルメニアが返還期限の延長を要請。アゼルバイジャンがこれを容認したため、当初の予定より10日遅れて返還された。同県では、アルメニア人による民家や森林などへの放火が相次いだ。

 今回の紛争では多数の死傷者が出たが、その具体的な数は明らかとなっていない。中でも一般市民への被害はうやむやになっている。両国ともに市民を標的にしていないと主張する一方で、相手国が市民を攻撃したと非難する。また、戦闘員の間でも多数の残虐行為が横行しており、その様子を撮影した動画が海外の過激動画共有サイト「Hoodsite」で公開されている。

 アゼルバイジャン軍の兵士がアルメニア軍の兵士を斬首し、その生首を豚の死骸の上に載せている動画である。アゼルバイジャンで信仰されるイスラム教において豚は不浄とされる。その豚の上に敵兵の生首を載せる行為は、敵兵に対する侮辱の意味があるのだろう。カメラが踏み付けられる首無し遺体を映した後、再び生首を映す。次の瞬間、生首が動き出した。まるで何かを叫んでいるようだ。辱めに耐えられず、死ぬに死に切れないのかもしれない。

 アルメニア政府は敗北を認めても、同国の国民は必ずしも敗北を認めたわけではない。支配地域を失っただけでなく、屈辱的な動画もネット上でさらされている中、アルメニア人の恨みは募るばかりだ。アゼルバイジャンとアルメニアの対立は今後も続くのだろう。両国は蛮行と怨恨のループから抜け出すことができるのだろうか。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

■2021年9月20日~26日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【超・閲覧注意】“兵士の生首がマジで動き出す”恐怖の瞬間! アルメニア兵士に斬首されたアゼルバイジャン兵士の怨恨か!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル