紅白も出場、国民的男性歌手Xに薬物疑惑 CMにも多数起用、クラブでモデルと…

関連キーワード:

,

,

,

,

紅白も出場、国民的男性歌手Xに薬物疑惑 CMにも多数起用、クラブでモデルと…の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 国のイベントにも絡んでいる大物タレント、Xに違法薬物である大麻の噂が飛んでいる。

 Xは紅白歌合戦の出場経験もある大物タレントで、ライブもすぐに売り切れるになるなど多くのファンを抱えており、数多くのテレビ番組などとタイアップする他、自身の楽曲を多くのアーティストに提供していることでも知られる。

 周辺を取材した記者は語る。

「数年前、実家に帰ったときに地元の友人と大麻を吸っているなどの情報があり、現地にも足を運んだのですが、この時は裏が取れず記事にはなりませんでした。しかし、ここに来て友人のひとりが『Xと一緒に友人の部屋で大麻を吸った』などと話し、その話がパッと広がりました」(芸能記者)

 Xと大麻の噂は他にもあるとこの記者は証言する。

「クラブなどで大麻をやっているのではないか、という証言は数多くありましたね。六本木のクラブでの目撃情報が多かったですが、そういうところはどうしてもセキュリティが高く、マスコミが入ることは難しかったのですが、そこの個室でXがモデルみたいな女性と大麻を吸っていたという証言が元クラブ関係者から入っています」(前出記者)

 どうやらXは、当たり前といえば当たり前であるが、人目に付かない場所で大麻を吸っていたようだ。

 Xの大麻での電撃逮捕はあり得るのだろうか。これから年末になり、緊急逮捕以外での通常逮捕を当局は避ける傾向がある。それは、薬物事案での逮捕勾留は2勾留、つまり検察の持ち時間を含めると10日の勾留と10日間の勾留で計22日間の勾留期間を計算しなければならないからだ。

 今年は新型コロナウィルスでの裁判の遅れや年末年始の検察庁、裁判所の休暇を考えると、逮捕のタイムリミットは最長で12月の第1週までである。つまり、現行犯での逮捕でもされない限り、年内の逮捕は免れるであろう。だが、Xの大麻事案に関して、既に警視庁組対五課が捜査を進めているという。

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

紅白も出場、国民的男性歌手Xに薬物疑惑 CMにも多数起用、クラブでモデルと…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル