「7割が売春してる。SEX値段表もある」台湾インフルエンサーの闇をインスタNO.1美女が暴露! やり逃げ事件も!

「7割が売春してる。SEX値段表もある」台湾インフルエンサーの闇をインスタNO.1美女が暴露! やり逃げ事件も!の画像1
画像は、「YouTube」より引用。動画で擬似セックスを配信する橫綱凱咪。彼女も7割のひとり!?

 台湾にもInstagramなどのSNSを中心に多くのネットインフルエンサーが存在するが、あるインフルエンサーの発言が波紋を広げている。そのインフルエンサーとは橫綱凱咪(AqqCami)で、13万のフォロワーを抱えるInstagram上で豊満ボディを惜しみなく披露している。

 現地メディア「自由時報」(11月17日付)などによると、そんな彼女が先月、自身のFacebookで「ネットインフルエンサーの7割が売春をしている」と爆弾発言を投稿したというのだ。しかも、この発言を裏付けるように業界関係者から価格表が流出。そこにはアカウント名、Instagramのフォロワー数、活動ジャンルに加え、1回の価格と1日の価格、さらに容姿の特徴まで記載されている。1回の価格は10万台湾ドル(約36万円)から55万台湾ドル(約200万円)までと幅広い。

 だが、この発言に対して同業者からは早速さまざまな反応が飛び出している。珍琳(Jeannin)は、「売春している子は少しはいる」としつつも「実際の数字はわからない」と口を濁した。だが確かに、安易にカラダを売るインフルエンサーは存在するようだ。

 現地メディア「ETtoday新聞雲」(11月16日付)によると、窃盗と詐欺の容疑で逮捕された台北市在住の男が、Instagramで少なくとも5人のインフルエンサーと知り合い、肉体関係を結んだと供述したという。

 男らは、もともと彼女たちに報酬として10万台湾ドルから70万台湾ドル(約252万円)を提示して売春をそそのかしていたが、行為後にも報酬は一切支払わなかったという。いわゆる「やり逃げ」だ。それどころか、クレジットカードを盗まれた女の子もいたという。支払いを反故にした金額と、盗んだクレジットカードの不正使用による被害総額は、200万台湾ドル(約720万円)にも上ったが、事情が事情なだけに彼女らは警察に通報することができずにいた。

 そんなおり、男が女性名義のクレジットカードを入れた自身の財布を紛失。拾得物として警察に届けられたことで事件が発覚し、ようやく男が逮捕されたのだった。

 男は金持ちを装って彼女たちに近づいたということだが、5人も釣られてしまうとは、業界内ではカネのためにカラダを売ることが当たり前なのではないか。そう疑われても仕方がないかもしれない。台湾インフルエンサー業界の闇は深そうだ。

文=中山介石

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「7割が売春してる。SEX値段表もある」台湾インフルエンサーの闇をインスタNO.1美女が暴露! やり逃げ事件も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで