【閲覧注意】ヘリコプターのプロペラで頭を“粉砕された”男がヤバすぎる! 脳も頭蓋骨も粉々に… 有名社長の悲劇的最期=メキシコ

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】ヘリコプターのプロペラで頭を粉砕された男がヤバすぎる! 脳も頭蓋骨も粉々に… 有名社長の悲劇的最期=メキシコの画像1画像は、「YouTube」より

 メキシコ・イダルゴ州シングイルカンで今月5日、テキーラメーカーの社長がヘリコプターのプロペラで頭部を粉砕される事故が起こった。死亡した男性は、ハリスコ州カピージャ・デ・グアダルペに住むホルヘ・カシージャス・カステリャノスさん(52)。事故の決定的瞬間を撮影した動画はYouTubeなどで公開されている。

 人々が見守る中、夜の広場に赤いヘリコプターが着陸する。ホルヘさんがヘリコプターに近づいた。その直後、鈍い音が響き渡り、その場にホルヘさんが倒れた。プロペラが頭部に当たったのだ。わずか数秒の出来事だった。

 この後、ホルヘさんは病院へ搬送され、頭部外傷により脳が露出していると診断された。医療サポートも十分ではなく、彼は治療を受けている間に死亡した。

 イダルゴ州司法長官事務所(PGJ)は、ホルヘさんの入院について通報を受けた。その後、シングイルカン市議会と市民保護職員が事故の発生した現場を訪れたが、個人が所有する施設であるため、事故の詳細は明らかにされなかった。

 ホルヘさんの友人や知人はSNSのメッセージを通して追悼の意を示した。これによると、ホルヘさんは航空ファンだったという。また、ホルヘさんはハリスコ州テパティトラン・デ・モレロスの元市長、リカルド・カシージャス・カステリャノスさんの兄弟だった。そのため、「制度的革命党(PRI)」のテパティトラン・デ・モレロス市運営委員会はFacebookページからホルヘさんの死を悼むメッセージを発信した。

 テキーラ産業国立商工会議所のロドルフォ・ゴンザレス・ゴンザレス会長は、ホルヘさんが生前ビジネスに情熱を注いでいたとし、「ホルヘ・カシージャスの死は業界にとって非常に残念な損失です」と語った。テキーラ規制評議会(CRT)のディレクター、ラモン・ゴンザレス・フィゲロアさんもホルヘさんの死を悼み、ホルヘさんが尽力したテキーラ事業の継続を誓った。

 ホルヘさんはあの世へと旅立ったが、彼が世に送り出したブランド「テキーラ・ブロンコ・インデペンデンテ」は、これからもメキシコの象徴として世界中の人々から愛され続けることだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】ヘリコプターのプロペラで頭を“粉砕された”男がヤバすぎる! 脳も頭蓋骨も粉々に… 有名社長の悲劇的最期=メキシコのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル