エイリアンに誘拐されUFOで壮絶レイプ! 一家全員ガチSEXへ…宇宙人を信じすぎた大女優ジャン・ブロバーグの衝撃事件!

 ベルヒトルトはジャンたちがまだ幼いころからよく映画に連れて行き、特にエイリアンが登場するSF映画を数多く見せていたのである。そして事あるごとにタブロイド紙などで報じられているUFOに関するニュースをジャンに語り聞かせていた。こうした下準備でジャンを“洗脳”していたこともあり、実際にジャンはこの“エイリアン”の話を100%信じたのだ。そしてこの後、“男性の仲間”であるベルヒトルトと性的関係を持つことになる。

「今となっては笑い話ですが、私にはエイリアンにまつわる使命があると思いました。ベルヒトルトと一緒に多くのSF映画に行っていました。UFOの目撃情報が最初のページにある新聞の記事をたくさん見せられました。70年代でしたから。エイリアンに誘拐されたと信じるのに5秒くらいしかかかりませんでした。なぜなら、この2年半の間、ベルヒトルトは新聞を持ってきて『ほら、また別のUFO目撃情報がある』と何度も話していたからです。エイリアンが私に言ったことは何でもしました。なぜなら、私がしなければ妹が連れて行かれると言われたからです。死にゆく惑星のために子どもを産むという使命を果たすと決めました」(ジャン)

エイリアンに誘拐されUFOで壮絶レイプ! 一家全員ガチSEXへ…宇宙人を信じすぎた大女優ジャン・ブロバーグの衝撃事件!の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

■“不適切な”家族ぐるみの付き合いで捜索が遅れる

 娘のジャンがいなくなったブロバーグ家であったが、驚いたことに両親はすぐには警察に連絡しなかったのだ。

 その理由のひとつにはベルヒトルトの妻がブロバーグ夫妻に当局に電話しないようにと忠告したこともある。だがその最も大きな理由は、ブロバーグ夫妻が2人そろってベルヒトルトと“不適切な関係”にあったことだ。なんと夫人はベルヒトルトと不倫の関係にあり、夫のほうもベルヒトルトと同性愛行為をする間柄にあったのだ。

 こうした事情もあり捜索は遅れに遅れ、FBIがベルヒトルトとジャンの居場所を突き止めたのは誘拐の日から5週間がたってのことであった。

エイリアンに誘拐されUFOで壮絶レイプ! 一家全員ガチSEXへ…宇宙人を信じすぎた大女優ジャン・ブロバーグの衝撃事件!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル