新型コロナで収入激減の英国CAが堂々“売春”! フライト中の機内で“裏オプション”も提供

 コロナ禍により世界各国で人の移動が制限され、各業界が苦境に陥っている。その中でも外国間の自由な移動がほぼストップしているため、航空会社は経営がとりわけ悪化している。航空会社で働く人たちの収入にも大きく影響が出てきており、日本でも全日空は冬のボーナスがゼロ、日本航空も8割減となることが報じられている。

 状況は外国の航空会社も同様で、となれば、従業員たちは減った収入を何らかの形で補わなければならない。

 そんな中、イギリスの各タブロイド紙が報じたところによると、同国のフラッグキャリアである英国航空(ブリティッシュ・エアウェイズ)でCAとして働く女性が、フライトの合間に売春する裏アルバイトを行なっており、さらには、フライト中にも“特別サービス”を提供しているという。

 このCAはフェイスブック上に別名のページを立ち上げ、機内で撮影した制服姿のエロい写真を次々にアップ。客のいない機内でシートに座って足を投げ出し、太ももをあらわにした写真では、「乗客の皆様、私は皆様のフライトエンターテイメントです。何をご要望ですか?」などと書いている。また、特別料金を払えばフライト中に“アダルト・エンターテイメント”も提供するとも書いている。

新型コロナで収入激減の英国CAが堂々売春! フライト中の機内で裏オプションも提供の画像1
このCAは「AirHostess71」の名でフェイスブックに写真アップしている(写真はフェイスブックの「AirHostess71」より)

「私と会うには、まず基本料金として50ポンド(約7000円)が必要で、それ以外にどんなサービスをご要望かによって料金が変わってくるの。値段交渉はナシ。仕事でホテルを予約した時は、会うのはそこになる」

 このCAが匿名でマスコミの取材に応じ、オンラインで使用済み下着を25ポンド(約3500円)で販売したり、それ以上の料金で一対一のサービスを提供したりして、お金を稼いでいると答えている。

 また、客がホテルの部屋を用意すれば、そこで客と会うこともあるという。さらには、彼女が関係を持つのは飛行機の乗客だけではなく、乗務員と熱い時間を過ごすこともあるという。

 自社のCAによるフライト中の裏アルバイトの件を知った英国航空では、すでに調査を開始していると発表。他の従業員たちからは「職務規定違反だ」という声もあがっているという。

 そもそも、CAの第一の使命である「乗客の安全確保」もおざなりにしないでいただきたいものだ。

文=ケニー草間

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

新型コロナで収入激減の英国CAが堂々“売春”! フライト中の機内で“裏オプション”も提供のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで