2020年は飯島愛さんの13回忌だった…孤独死してしまった女性芸能人4人

画像は「Getty Images」より引用

 2020年12月、元タレント・飯島愛さんの13回忌を迎えた。

 飯島さんは人気AV女優として活躍後、「ギルガメッシュないと」(テレビ東京系)でブレイクしてタレントへと転身。“おバカタレント”として活躍後、徐々に自身の主張を展開するようになり、「サンデージャポン」(TBS系)などで率直な語り口が人気を博した。
また、自伝「プラトニック・セックス」(小学館)は約200万部突破のミリオンセラーを達成。ドラマ化や映画化もされた。

 しかし、腎臓の不調と目標の欠如を理由に芸能界から引退。その1年後、自宅マンションで死亡しているのが見つかった。当時の報道によると死因は肺炎。飯島さんのブログは亡くなった後もコメントが寄せられ、7万件を超える書き込みがあった。それほどまでに人気の高い稀有なタレントだった。

 飯島さんのように孤独死してしまった女性芸能人は数多い。

 20年は川越美和さんの13回忌でもある。川越さんはアイドルとしてデビューした後、「時間ですよ・平成元年」「スクールウォーズ2」(いずれもTBS系)などで女優として活躍していた。しかし2007年に所属事務所を辞め、ひっそりと芸能界を引退。2017年6月 13日号「週刊女性」(主婦と生活社)で2008年に孤独死していたことが報じられた。

「週刊女性」によると、晩年の川越さんは、金遣いが荒い上に摂食障害、酒浸りの生活だったそうだ。

 バラエティ番組のMCなどで活躍した山口美江さんも孤独死だった。山口さんは、英語が堪能な“元祖バイリンギャル”として「CNNヘッドライン」(テレビ朝日系)のキャスターを務め、フジッコ・漬物百選のCM「しば漬け食べたい」でブレイク。1996年の芸能界引退後は、輸入雑貨店の経営などを手掛けるが、父親の介護に追われた。亡くなる1か月前から通院治療をしていたが、2012年3月に心不全で急死してしまった。

2020年は飯島愛さんの13回忌だった…孤独死してしまった女性芸能人4人のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル