「チンコが曲がる」世界的病気・ぺイロニー病治療 → トレーニングでチンコが折れて第三の金玉が目覚める!? 天才・亜留間次郎のペニストリビア

関連キーワード:

,

,

,

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服のための科学】

■チンコが曲がる病気

 世の中には「ペイロニー病」という、病気と言うほど深刻でもないけど微妙に困る病気があります。

 簡単に言えば勃起した時にチンコが曲がる病気で、勃起していない時は普通です。1743年にルイ15世の宮廷医師の一人だったフランソワ・ギゴット・デ・ラペイロニー医師が発見したことから命名されました。200年以上前から認知されていた古い病気です。

曲がったチンコの写真。モザイクなし画像は「Wikipedia」に。

 この病気の原因は、チンコを伸ばす海綿体の組織が炎症などを起こし、治っても組織が硬くなって伸びなくなったことです。硬くなった部分と普通の部分で伸び方に差が出るため、勃起してチンコを伸ばすと曲がります。人によっては痛むこともあり多少は性行為に不便があるかもしれませんが、勃起したチンコが曲がるだけでそれ以上は特にどうなるわけでもありません。

 発病時の平均年齢は55〜60歳と高く、若い人ほど少ない傾向があります。発症者は男性の5~9%にも及ぶと言われていますが、多くの人は少し曲がる程度なので、年を取ってからチンコが反ってくる程度で済んでいるという人が大半です。

 治療では最初、チンコの硬くなって伸びなくなった部分に薬を注射したりしますが、少しマシになるか治らないことが多くて今一つでした。

 天才泌尿器科医リード・M・ネズビット先生が手術で治す治療法を発明して、1977年にペイロニー病の治療に初めて手術が行われ、1980年代以降は8割以上の患者が治せるようになりました。チンコの硬くなった部分を切除して、他から持ってきた組織を移植して伸ばします。現在では先生の名前を取ってネズビット手術(Nesbit operation)と呼ばれている方法です。

人気連載
あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

■あなたの“理性”度合い 「外で銃声が聞こえたとします。...

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「チンコが曲がる」世界的病気・ぺイロニー病治療 → トレーニングでチンコが折れて第三の金玉が目覚める!? 天才・亜留間次郎のペニストリビアのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル