【実録】西城秀樹からのメッセージを昨年、日本人は受信していた!? 「あの日から霊感を授かった」生前の超心霊エピソードも大暴露!

 コロナ禍の2020年5月16日、自宅の納戸にきちんと固定されていた資料BOXが突然、大きな音を立てて崩れた。しっかりと固定してあったはずの頑丈な資料BOXが、なぜ? そう思った瞬間、私の脳裏に、昭和から平成の日本を駆け抜けたあるビッグスターとの思い出が蘇ってきた。


■西城秀樹の命日に起きた不思議な出来事

【実録】西城秀樹からのメッセージを昨年、日本人は受信していた!? 「あの日から霊感を授かった」生前の超心霊エピソードも大暴露!の画像1
不可解にも倒れた資料BOX(撮影=筆者)

 崩れた資料BOXの蓋が全開し、飛び出してきたのは、昭和52年4月2日に日本テレビ「スター誕生!」300回記念ハワイ大会の公開収録で、私が撮影したワイキキシェルで歌う西城秀樹さんの写真。それから、写真撮影から17年後に秀樹さんから直接いただき、大切に使い込んだハンティングワールドの星条旗のショルダーバッグだった。

 よく考えてみれば、5月16日はまさに秀樹さんのご命日、三回忌を迎えたその日である。しかもその翌日、5月17日は不思議なことだが秀樹さんのCDジャケットや写真集を長年にわたり撮り続けてきた写真家の武藤義さんの命日でもある。

 この武藤さんは、秀樹さんのみならず桜田淳子さんや岩崎宏美さんなど、大物歌手の撮影を多数手がけられた写真家でありながら、決して偉ぶらない真摯な方だった。そして、後輩である私に秀樹さんを紹介して下さった方でもあるのだ。


■「あの日から霊感を授かった」西城秀樹が語った衝撃の事実

【実録】西城秀樹からのメッセージを昨年、日本人は受信していた!? 「あの日から霊感を授かった」生前の超心霊エピソードも大暴露!の画像2
武藤義さん 画像は「Twitter」より引用

 武藤さんが私に西城秀樹さんを紹介してくれた時のことを今でもはっきりと覚えている。武藤さんは微かに笑いながら、「僕は霊感とかないけれど、貴方も秀樹も霊感の強い人間だから霊的な事があったら頼むよ」と私に言ったのだ。その後、武藤さんが秀樹さんを撮影する現場に何度かお邪魔したことがあるのだが、他のスターとはまったく異なる(オーラとも似て非なる)不思議な強い光が発せられ、それを目の当たりにした私の身体が硬直することが多々あった。

 そしてある日、撮影終了後の食事に招待された私は、カメラ好きだった秀樹さんと会話が弾んだ。ふと私は、自分自身が中学生時代に広島の平和記念資料館を見学した時、号泣しながら表に出た瞬間、鳩が頭や両肩に何羽もとまって身体をついばんできた不思議な経験について話した。すると秀樹さんは、間髪入れずに「それ、僕も小学2年生の時に同じ体験をしたよ。原爆で亡くなったたくさんの人が鳩になって、あの事を風化させないでくれって頼んできたんだと小学生ながら思ったよ、その日から霊感を授かった気がしてるんだ」と真剣な眼差しで仰った。

【実録】西城秀樹からのメッセージを昨年、日本人は受信していた!? 「あの日から霊感を授かった」生前の超心霊エピソードも大暴露!の画像3
画像は「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」

 しかも、その3カ月後、とうとう秀樹さんの霊感を目の当たりにする出来事が起きた。某テレビ局での収録にご一緒した時のことである。他の出演者よりも早くセットに入って、セリフを一人で練習していた某女性アイドルを、遠巻きに見ていた秀樹さん。「真面目な子だな~」と独り言を口にしてから、大きな声でその女性アイドルを呼び寄せた。秀樹さんの側に女性アイドルが近づき、笑顔で「秀樹さん、おはようございます」と挨拶した直後のことだ。ほんの十数秒前まで女性アイドルが立っていた巨大なセットが、大きな音を立てて倒壊したのだ。ただ事ではない事態に、スタッフは「大丈夫か! 怪我人はいないか!」と大わらわ。女性アイドルはブルブルと震えだし、秀樹さんはその肩に手を置き、優しく「大丈夫だよ」と声をかけていた。

 時は流れ90年代、私は自ら会社を立ち上げ、ミュージカルのステージ写真を中心に撮影していたのだが、そのスタッフからも「かつて西城秀樹さんが舞台装置の不具合による事故を未然に防ぐ“予知”のようなアドバイスをしてくれた」と聞かされ驚いたことがある。そんな折、秀樹さんから「遅れちゃったけど会社設立のお祝いに」といただいた品こそ、先に述べたハンティングワールドの星条旗のショルダーバックなのだ。

【実録】西城秀樹からのメッセージを昨年、日本人は受信していた!? 「あの日から霊感を授かった」生前の超心霊エピソードも大暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル