【閲覧注意】米議会議事堂に乱入したトランプ支持女が射殺される決定的瞬間! 血を吐き、苦痛に悶え… もはや内戦レベル=米

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】米議会議事堂に乱入したトランプ支持女が射殺される決定的瞬間! 血を吐き、苦痛に悶え… もはや内戦レベル=米の画像1画像は、「Kaotic.com」より

 ドナルド・トランプ米大統領が今月6日、ホワイトハウス付近に集まった支持者へ向けて演説した後、支持者の集団が議会議事堂に乱入した。米大統領選の投票結果を認定する会議が行われていたが、暴動の影響で会議は中断を余儀なくされた。

 演説でトランプ氏は、民主党が「勝利を盗んだ」と述べた。その後、何千人もの支持者がジョー・バイデン氏の勝利確定を阻止するため、武器を手にして議会議事堂を襲撃し、警察と衝突。支持者のうち4人が死亡し、数十人が逮捕されたとされる。死者のうちの1人である女性、アシュリ・バビットさんが胸を撃たれる決定的瞬間をとらえた動画がSNSに投稿されて拡散された。

 動画に映るのは、支持者と警官が入り乱れてカオス状態の建物内の様子である。銃声が鳴り響いた。すると扉に張り付いていたバビットさんが倒れ、周囲にいる者たちが彼女の周りに集まった。バビットさんは口から血を吐き、苦悶の表情を浮かべている。警官が止血しようとする。この後、バビットさんは病院に搬送され、死亡が確認された。

 カリフォルニア州サンディエゴに住むバビットさんの夫は、サンディエゴの報道局であるKUSIを通して、亡き妻の情報を公表した。バビットさんは空軍に14年間務めた退役軍人で、空軍時代はセキュリティー関連の高官だった。トランプ氏の熱烈な支持者で、「偉大な愛国者」だったという。

画像は「The Daily Mail」より引用

 ワシントンDCの警視庁がバビットさんの死について調査中だが、誰が彼女を撃ったのかは依然として不明のままである。目撃者の証言と映像は、彼女が警官に撃たれた可能性があることを示唆している。

 今回の暴動を受けてトランプ氏は、選挙が盗まれたものであると強調した上で、支持者らに落ち着いて家に帰るよう、Twitterで呼びかけた。Twitterは、トランプ氏がルールに違反したとして、同氏のアカウントを一時凍結。一連の投稿について削除を要求し、同氏が要求に応じない場合には、アカウントが恒久的に停止される可能性もあるとした。Facebookも同様に、トランプ氏のアカウントを一時凍結した。

 バイデン氏は暴動を「反乱」「テロ」と批判し、トランプ氏に暴動を収束させるよう呼びかけた。トランプ政権の閣僚らも、合衆国憲法修正25条に基づいてトランプ氏の即時免職について協議したと報じられている。トランプ氏は7日、今月20日に「秩序ある移行」が行なわれるという声明を発表。次の大統領選への出馬をにおわせる発言もあった。

 新型コロナウイルスの感染再拡大が続く米国では政治的な分断も進んでいる。まるで内戦のようだという声も世界中で上がっているようだ。米国の混乱が各国に飛び火しないことを願うばかりだ。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】米議会議事堂に乱入したトランプ支持女が射殺される決定的瞬間! 血を吐き、苦痛に悶え… もはや内戦レベル=米のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル