「老害ではなかった…」小倉智昭の現場での評価が高すぎて驚愕!

関連キーワード:

,

,

「老害ではなかった…」小倉智昭の現場での評価が高すぎて驚愕!の画像1
画像は「フジテレビ」より引用


 タレントの小倉智昭(73)がメインMCを務める朝のワイドショー『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)が3月26日をもって終了することが発表された。小倉は13日の放送で「次の世代の人にポジションを譲って新たな人に始めてもらうのがいいなと思った。ネットの情報を見るようになり、そしたら『老害じゃないか』とか『ボケているんじゃないか』と書かれていた。そういう言葉はキツいもんなんですよ。最近、保身に走るきらいがあった」と語り、1999年4月に開始した22年の歴史に幕を閉じることを生報告した。

 以前から何度となく番組終了が噂されていた。その中で22年にわたり番組を維持できていた理由はどこにあるのだろうか。テレビ局関係者はこう解説する。「大きな問題となっていたのが小倉の高額のギャラです。ところが、小倉は打ち切りがささやかれる度に、自らギャラを低くするようにフジテレビサイドに申し出て打ち切りを回避してきました。『とくダネ』は小倉にとって日課であり生き甲斐になっており、カネは度外視していたようです。全盛期には1本120万円ほどのギャラで出演していましたが、最近ではその半分程度となっていましたよ」。

 ではなぜこのタイミングで打ち切りが決まったのだろうか。

「本来ならば、2020年3月に番組打ち切り予定だったんですが、オリンピック取材に熱意を持っている小倉の意を受けて、東京五輪閉幕後の2020年9月に終了予定に変更になっていました。ところがオリンピックが延期となり保留扱いになっていたのです。ここにきて五輪開催も危ぶまれてきたので結局このタイミングで降板することになったようです。もしオリンピックが開催されればレポーター扱いで五輪特番に出演することで落ち着いたみたいですよ」(同)

 小倉はジャニーズ事務所の「嵐」と親しいことで知られ、昨年末には4日連続で二宮和也、櫻井翔、相葉雅紀、松本潤、大野智と対談を行っていた。休止に入った「嵐」の活動期間と放送期間がほぼ同じ22年ということからジャニーズファンからも惜しまれているが、局内でも落胆の声も挙がっている。

「小倉は面倒見がよくスタッフウケがとても良かったんです。時折、豪華な差し入れを振る舞いますし、視聴率が上昇すれば100人以上のスタッフの旅費を全額負担して宴会を兼ねた慰安旅行を企画することもありました。スタッフに横柄に接したり怒鳴ったりすることもなく、プライベートの相談に乗るなど、老害ではなく、とても慕われていたんですよ。フジにとっては大功労者ですね」(同)

 共演経験のある元フジテレビの田中大貴アナはツイッターで「若手の意見を絶対にノーと言わず、まずは受け入れて話を聞いてから番組上で生かしてくれた」と感謝し、その功績をたたえている。

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「老害ではなかった…」小倉智昭の現場での評価が高すぎて驚愕!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル