【新型コロナ】ワクチンに秘められた恐ろしい真実!! 「現代医療は脅迫商売」医学博士で北里柴三郎の子孫がタブーを暴露(インタビュー)

【新型コロナ】ワクチンに秘められた恐ろしい真実!! 「現代医療は脅迫商売」医学博士で北里柴三郎の子孫がタブーを暴露(インタビュー)の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 世界中の人々が待ち望んでいた新型コロナウイルスのワクチンだが、世界各国の製薬会社によって開発が行われ、現在続々と認可及び接種が始まっている。日本では全国民にワクチン接種の「努力義務」が課されることになるという。

 特に注目されている米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンは「90%以上の確率で効果が認められた」という研究結果も発表されている。一般的に病原体の特定からワクチンの認可までには最低でも5年以上かかるといわれるが、今回は1年未満というスピード認可であり、得体の知れない不信感を抱く人もいるようだ。実際ファイザーの治験では、4万4000人のうち計6人が死亡し、副作用の報告例もある。

 新型コロナウイルスのワクチンは、本当に安全なのだろうか? 筆者はその安全性とリスク、そもそも新型コロナウィルスとは何かについて、国連が認証し世界120カ国に支部を持つ「国際補完医療大学」日本校学長で(一社)和ハーブ協会理事長、医学博士でもある古谷暢基氏にインタビューを敢行。古谷氏は、あの「近代日本医学の父」こと北里柴三郎の子孫であり、かつてロックフェラー財団の日本支社に9年勤務した経験を持つ、医療の表にも裏にも通じた類稀な専門家だ。

新型コロナワクチンの恐ろしい正体に迫った前編はコチラ!


■ワクチンの真実から目を背けるな

――では、新型コロナワクチンの件に限らず、ワクチン全般に関してはいかがお考えですか?

古谷暢基氏(以下、古谷)  従来のワクチンは、病原体が身体に入ってきた時に抗原抗体反応が起きるようにするため、弱毒化したウィルスや細菌を主原料としたものでした。ということはワクチンの主成分は、生物由来となります。わかりやすくいうと、肉や野菜と同じタンパク質や脂質などで構成されているわけで、そうなれば当然、発酵や腐食による成分の変質が簡単に起こるわけです。そうするとワクチンを長期間、変質させず保存させるためには強烈な防腐剤を入れる必要性が出てくることになり、その代表物質が水銀です。

【新型コロナ】ワクチンに秘められた恐ろしい真実!! 「現代医療は脅迫商売」医学博士で北里柴三郎の子孫がタブーを暴露(インタビュー)の画像2
古谷暢基氏

 水銀といえば猛毒で、例えば江戸時代の歌舞伎役者が使う白粉の主成分だったのですが、彼らは中毒症状によって早死にするのが一般的でした。その危険性から、白粉そのものは明治時代になって禁止されたほどです。皮膚の上に塗るだけでもこれだけリスキーなのに、ワクチンは直接、血液中に流し込むということです。スーパーで食品表示を懸命に確認したり、防腐剤を使ったオレンジなどは避けたりする意識の高い主婦たちが、たかが風邪程度の疾患を防ごうとワクチンに喜んで腕を差し出す。私から見れば笑えない笑い話、ブラックユーモアですね。ましてや身体ができていない子供に打つなんて、とんでもない話です。

 ワクチンには水銀以外にも、多くの危険な物質が入っています。例えば免疫応答(炎症)を引き出すための物質は「アジュバンド」と呼ばれますが、これにはよくアルミニウムが使われます。身体にとっての異物であるから炎症が起きるのであって、アナフィラキシーショックを引き起こすこともあります。また、アルミニウムは重金属ですから、肝臓、腎臓、また脳組織への悪影響が指摘され、アルツハイマーや不妊を引き起こすリスクもよく指摘されます。

【新型コロナ】ワクチンに秘められた恐ろしい真実!! 「現代医療は脅迫商売」医学博士で北里柴三郎の子孫がタブーを暴露(インタビュー)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル